4K・8K放送ソフト事業者認定申請 BS右旋に在京キー局5社とWOWOW
 [2016年10月24日]


 総務省は、BS等4K.8K実用放送の基幹放送事業(ソフト事業)の認定申請(受付期間9月15日-10月17日)の結果を公表した。BS右旋(17ch)の4K放送には、ビーエス朝日、BSジャパン、BS-TBS、BS日本、ビーエスフジ(50音順)の在京キー局系5社およびWOWOWが申請(WOWOWはBS左旋も申請)。キー局系5社は第一次比較審査において優先される、帯域再編を含めた「特定申請」をしていることから、BS右旋はキー局系5社とNHKの4K 6chが実施される。

 帯域再編に関しては在京キー局5社の中でも意見が分かれ、ぎりぎりまで難色を示していた局もあった。しかし、帯域再編は5社そろうことが必須であったこともあり、最終的には総務省が描いたとおりの順当な申請結果となった。

 WOWOWは課金情報を有していることなどから帯域再編には加わらず、特定申請はしていない。よってBS右旋についての認定審査では、在京キー局系5社から劣後することになり、結果として在京キー局系5社が認定されることになる。

(つづき・詳細は映像新聞 2016年10月24日号1面)


VISUAL COMMUNICATION JOURNAL THE EIZO SHIMBUN ©Eizo Shimbun, Inc. 映像新聞社 映像新聞ウェブサイト Home