著作権セミナー 「映像製作者のための著作権問題最前線」
 [2017年3月13日]


 映像コンテンツや放送番組がインターネットで配信され、動画を自由に視聴することができるが、課題も多くある。ますます増える権利者不明の著作物の利用をめぐる法的課題、また音楽著作権をめぐる課題について、2人の若手弁護士が解説する。主催は映像文化製作者連盟(映文連)。

 講演題目は「権利者が不明な映像の利用について」(講師=数藤雅彦氏/五常法律会計事務所 パートナー弁護士)、「音楽著作権の基礎と処理実務」(講師=東條岳氏/Field-R 法律事務所 パートナー弁護士)。

【日時】3月21日/17時-20時10分

【会場】クリーク・アンド・リバー社 2階ホール(東京都千代田区麹町2-10-9 C&Rグループビル)

【参加費】映文連会員4000円、一般5000円、定員60人(申し込み先着順)

【詳細】www.eibunren.or.jp/wordpress

(映像新聞 2017年3月13日号13面)



VISUAL COMMUNICATION JOURNAL THE EIZO SHIMBUN ©Eizo Shimbun, Inc. 映像新聞社