■2018年5月14日号


■DCAJが22日にセミナー 動画配信市場の現況解説 市場調査レポートを分析
 デジタルコンテンツ協会(DCAJ)は、動画配信市場の実態把握のために独自で調査した結果をまとめた「動画配信市場調査レポート2018」の発刊にあたり、動画配信市場の現況を知るセミナーを5月22日に開く。
 今回の調査の結果、2017年の動画配信市場規模は、1850億円(前年比約113%)と推定。17年は一部撤退する事業者が出てきているものの、全体的には新たなジャンルとして浸透し始めているライブ配信を含む既存のサービスが引き続きユーザーを増やし、市場規模を拡大した。
【日時】5月22日/15時30分-17時25分
【会場】DCAJ会議室(東京都千代田区一番町23番地3 千代田一番町ビルLB)
【講演】「コンテンツ市場に見る 動画配信市場の規模と動向」(日向ひとみ氏/デジタルコンテンツ協会調査部主任)▽「ライブストリーミング技術の進展と放送同時配信の行方〜日米の状況」(塚本幹夫氏/ワイズ・メディア代表取締役)
【受講料】DCAJ法人会員=無料、一般=2000円
【詳細・申し込み】www.dcaj.or.jp/news/2018/0 5/2018-1.html


■画像電子学会セミナー/Advanced Image Seminar 2018「映像セキュリティ技術の最新動向」
 セキュリティー分野において用いられている監視カメラネットワークは、防犯上の利用のみならず、人の流れを分析することによる街づくりへの応用や顧客の行動分析の利用によるマーケティングなど、多様な分野への応用が注目されている。
 一方で、取得データの重要性の高まりに比例して、コンテンツの保護は重要な課題となっている。
 画像電子学会主催のセミナーでは、特に映像、画像を用いたセキュリティー技術に注目し、映像・画像情報のコンテンツ保護の最新技術について解説するとともに、映像・画像解析によるセキュリティー技術の最新動向について解説する。
【日時】5月22日/9時25分-16時
【会場】早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館N第2会議室(東京都新宿区大久保3-4-1)
【参加費】一般会員(協賛学会会員を含む)1万5000円、シニア会員(減免制度利用)3000円、非会員2万円、学生3000円
【詳細・申し込み】www.iieej.org/events/ais2018


■NAB報告会を5月18日に開く/3DBiz研究会
 3Dbiz研究会は、「NABショー2018報告会」を5月18日に開き、研究会賛助会員の山下香欧氏(AWS Elemental所属)と、Too デジタルメディアシステム部テクニカルディレクターの櫻井充氏が講演する。最新のVR関連機材やコンテンツの展示も実施。また、研究会会員でもある冒険家の石川仁氏が自らの冒険体験などを語る。
【日時】5月18日/14-18時
【会場】Too本社内「The Gallery Too」東京都港区虎ノ門3-4-7 虎ノ門36森ビル3階)
【定員】40人(先着順)、申し込み締切日は5月16日
【参加費】一般3000円(3DBiz研究会会員は無料)
【詳細】www.3dbiz.jp/event2018.html



VISUAL COMMUNICATION JOURNAL THE EIZO SHIMBUN ©Eizo Shimbun, Inc. 映像新聞社