「赤坂ファクトリー」をリニューアル/クレイジーTV    [2007年4月9日]


 クレイジー・ティヴィ(東京都渋谷区)は、ポストプロダクションスタジオ「赤坂ファクトリー」をリニューアルする。これまで、ノンリニアオンライン編集室およびMA室で構成されていた赤坂ファクトリーと、オフライン編集室「赤坂タイムライン・スタジオ」を統合。新・赤坂ファクトリーとして新たに近隣のビルへ移り、4月20日からすべての営業を開始する。1日には、皮切りとしてMA室が稼働した。
 新・赤坂ファクトリーは、地下鉄銀座線・溜池山王駅近くの六本木通りに面したビルに開設。アビッド製「DSナイトリス」「シンフォニー・ナイトリス」などを導入した編集室6室(うちHD5室)、オフライン編集室5室、サラウンド対応を含むMA室2室で構成される。CGルームや試写用のミーティングルームも用意された。移転は、これまで赤坂ファクトリーが使用していたビルの取り壊しによるもので、顧客の利便性を踏まえて統合した。




(詳細は映像新聞4月9日号、5面)



記事一覧へ戻る back_to_HOME<a href=

VISUAL COMMUNICATION JOURNAL THE EIZO SHIMBUN
Copyright Eizo Shimbun, Inc. 映像新聞社