サイトマップ  お問い合わせ







映像新聞社では、株式会社ズノーと業務提携し、同社の展開する入札情報提供サービスと連携した「映像入札王」を提供いたします。こちらのページをご覧ください。







民放キー局、地デジ中継局 更新作業開始
今年度から工事を本格化
生きたネットワーク切替 難事業になる可能性も

 在京民放キー局(以下、在京5社)の地デジ中継局の更新作業がスタートした。関東・近畿・中京の3大都市圏で地デジが始まったのが2003年。関東広域圏の在京5社が中継局を本格的に整備しはじめたのは06年からで、そこから既に11年が経過している。関東の中継局の総数は200局弱。在京5社では既に更新計画を策定しており、今年度から更新工事を開始している。地デジ中継局の更新は初。365日・24時間、ほぼ休みなく稼動している放送ネットワークの更新なだけに、難事業になる可能性もある。(続きを読む)

 2017/9/18号 主な記事
オムニバス・ジャパンが新宿のアート祭に出展/大型ビジョンで作品上映
HotChips29報告A/相次ぐAI処理への参入
住友電工/須高ケーブルのFTTH化伝送・施設工事を受注
J:COMの次世代テレビサービスエリクソンがベンダーに選定
 LTO特集
需要が拡大する記録装置 低コストで大量データを格納 進化を続ける磁性体技術
LTO 放送局での採用が拡大 番組・スポーツアーカイブ中心に
 
  ├4Kのポストプロ作業を支えるLTOアーカイブ/松竹映像センター
  ├独自の磁性体を採用 酸化による劣化はなし/富士フイルム
  ├ソフトウエアを刷新 任意部分を取り出しなど/ユニテックス
  ├コンテンツ管理とLTOアーカイブ/メモリーテック
  ├サーバー統合したLTO プロキシ、メタも自動生成/シナジー
  ├プロフェッショナルアーカイブシステム 4K、クラウド対応へ/パナソニック
  ├映像資産の活用を支援 データベースも作成/エクサインターナショナル
  └4Kも高速アーカイブ レコーダーに管理機能/朋栄
 放送
民放キー局、地デジ中継局 更新作業開始 今年度から工事を本格化
地域局のネット動画展開A 在名局の挑戦 コンテンツ企業目指すメ〜テレ
 プロ機器
イスラエルXVTECと協業 超低遅延技術を活用 IP映像配信製品開発へ/ソシオネクスト
4Kスタジオカメラの技術 単板・大判センサー生かす ボディー内に拡大レンズ/パナソニック
HotChips29報告A 相次ぐAI処理への参入 クラウドも巻き込み一大潮流
EIZOが12月に発売 制作用HDRモニター 高輝度、高コントラスト
マルチコーデック録再機を販売 ブロードデザインから移管/ジャパンマテリアル
日本での展開を積極化 カメラサポート機材を訴求/カルトーニ
新スライダーを発売 ガタつきのない設計/エースビルジャパン
├Mistika VRを実演 HDRはパフォーマンス向上/SGO
└HDR製品や12G対応 ジェネレーターを紹介/リーダー電子
 プロダクション
新宿のアート祭に23日から出展 大型ビジョンで映像作品を上映/オムニバス・ジャパン
NPO法人がLiveUを採用 子供向けイベントをライブ配信 保護者サービスに活用
eスポーツの演出を提案 東京ゲームショウ2017/IMAGICAイメージワークス、フォトロン
IMAGICAウェストがフィルムセミナー 「リスクアセスメント」を解説 26日は大阪、28日は東京で開催
JAVCOMがセミナー 「5G」時代の業界展望 コンテンツ事業の可能性考察
VR動画入門セミナー 制作事例から学ぶ Tooが3回目の開催


2017年9月18日号
発売中

映像新聞は
毎月4回(月曜)
の発行です