サイトマップ  お問い合わせ




 





2014NABショーレポート
4Kが放送技術の潮流に ライブ制作環境が拡充

 世界最大の放送・情報機器コンベンション「2014NABショー」(主催=全米放送事業者協会)が7-10日(カンファレンスは5-10日)、米国ラスベガス・コンベンションセンターで開催された。日本が先行する「4K」だが、NABショーの展示会では海外メーカーの関連機器、ソリューションの展示が一気に拡大。4Kが放送技術の潮流になっていることが鮮明になった。ベースバンドの放送現場におけるIPの活用、一方ではクラウドを放送ビジネスに展開する提案もインパクトを残している。
〈続きを読む〉
 2014/4/14号 主な記事
2014NABショーレポート
映像/音響スタジオ設備を移転に合わせ社内に構築/ラフト
2式目の「リゾルブ」導入 グレーディングを効率化/デジタル・ガーデン
4K-VODトライアル開始 10月からの商用化を目指す/NTTぷらら
 放  送
フジテレビが総務省から認定 V-High放送に進出
「サテライト2014」国際会議・展示会レポート(下) スカパーなどが4Kをデモ
 
 CATV/CS
4K/60p放送向けにR&Sクリップスターを導入/スカパーJSAT
未来のアスリートを応援 新番組を共同で制作/神奈川県下CATV11社
 
ドキュメンタリー企画提案イベントの募集要項を発表/東京TVフォーラム
データマネージメントセミナー 関連職種の人材育成を推進/JAC
 第55回科学技術映像祭 17、18日に入選作品発表会


2014年4月14日号
発売中

映像新聞は
毎月4回(月曜)
の発行です。