サイトマップ  お問い合わせ









4K・8K放送 ソフト事業者公募 民放キー局は全社17chに申請へ

4K.8K実用放送の基幹放送事業者(ソフト事業者)の公募・申請が今秋に迫っている。焦点はBS17chに何社が申請するかだ。BSの1トラポン(48スロット)で4K放送は3chしか放送できない。4K.8K放送ソフト事業者の審査基準では、BS放送事業者が現在の帯域から8スロット以上を返上する場合、その申請を優先するとした。6社が返上すれば1トラポン分となり、17chと併せて民放キー5社局がそろって参入できる(NHKは4K1chの実施が義務化)。帯域再編の可能性を考えてみる。
〈続きを読む〉
 2016/6/27号 主な記事
どうなる次の動画符号化方式 2023年に向けた技術
ブロードキャストアジア/コミュニックアジア2016報告
韓国VR映像制作会社と提携 8K撮影で技術協力/クロスデバイス
3基目の街頭大型映像メディア 八王子駅前交差点で稼働/トラストワイズプロダクション
 放送
4K・8K放送 ソフト事業者公募 民放キー局は全社17chに申請へ
開局25周年記念ドラマ 4K HDR制作も/WOWOW
タイムシフト時代のTVドラマ(上) 録画再生の時代
 プロ機器
ライブHDR制作を実演 ソニー内見会
HDRの対応状況を示す 池上通信機が内覧会
小型8Kレコーダーを展示 HQXと非圧縮で収録/アストロデザイン
Stingray活用セミナー Tooが大阪で開く
「ガジェットJAPAN」 出展者の募集を開始 DCAJが第1回開催へ
OTT配信ソリューション 海外最新トレンド紹介/伊藤忠ケーブルシステム


2016年6月27日号
発売中

映像新聞は
毎月4回(月曜)
の発行です