バックナンバー

2024年2月19日号衛星放送WG
共同衛星実現へ総務省が考え方
現行衛星の延命で打ち上げ時期調整を
管制に関しては先送り

2024年2月12日号日テレ共創ラボ
「汐留サマースクール」 放送局の枠組み超えた試み
子供の学びを徹底追求 「企業価値」発信の場に
第2回開催も決定

2024年2月5日号総務省 NHKネット活用業務競争評価準備会
ネットの特性に合わせて提供
放送と同一内容のコンテンツ NHKが考え方や具体例
災害報道では未放送の情報も 利用数など客観的指標で観測

2024年1月29日号総務省 衛星放送WG
インフラコスト低減へ 焦点となる共同衛星・共同管制
B-SATとスカパーの考え方に隔たり
より積極的な連携望むスカパー WGの落としどころに注目

2024年1月22日号石川県の民放、NHK
能登半島地震で中継局が被災 非常用電源で懸命の放送継続
輪島局 自衛隊機で技術職員と燃料
雪の斜面120メートル往復し給油

2024年1月15日号CES2024開催
活気が戻る日本企業 家電メーカーの出展が充実
基調対談には米インテルCEO登壇
AIは多様な利用法提案

2024年1月1日号放送事業者
電波超え新たな領域へ
異分野で生かす制作力・発信力 共創が未来への突破口
互いの課題補完し合い強みに

2023年12月25日号総務省 BB代替作業チーム
「フタかぶせ」解消へ コンテンツWGと連携
専門的視点から論点整理 停滞問題に突破口

2023年12月18日号SIGGRAPH ASIA 2023
高い関心と活発な研究活動
史上最多投稿数の論文発表 AI利用など対象分野が拡大
シドニー国際会議場で開催

2023年12月11日号総務省 公共放送WG
ラジオのネット配信に5Gブロードキャスト
J-WAVEが提案 マストキャリールールも

2023年12月4日号総務省 衛星放送WG
BS/CS統合新衛星実現へ
B-SAT/スカパー 打ち上げ時期などの見解には相違
B-SAT 「フルスペックの衛星はリスク」

2023年11月27日号地上波中継局の共同利用会社
全国協議会12月25日に設立
独禁法への対策も

来年度中にもNHK子会社として設立
地域協議会設置は希望地域のみ

2023年11月20日号Inter BEE 2023
IP化・ソフト化 着々と
オンプレ環境とのハイブリッド提案軸に SDIへのニーズにも根強さ
ローカル局 「リソースシェアは必須機能に」

2023年11月13日号総務省
放制検「第2次取りまとめ」の要点 飯倉主税 放送政策課長に聞く
NHKネット業務必須化は議論不足
必須業務 競争評価の「原案」を 年内にも民放連など交えた協議

2023年11月6日号放送のネット連携で実証事業 民放・NHK一覧表示など検証
TVerやLocipoなどが参加
民放共通のメタデータ使用 業界一体でCTV向け配信基盤

2023年10月23日号総務省 デジタル時代の放送制度検討会
衛星放送の新WG設置へ 共同衛星の課題解決方策を議論
国防絡み高度な調整も
BB代替作業チーム 新たな実証事業は関東以外数カ所で

2023年10月16日号民放AMラジオ局のFM転換
山口放送は全局休止へ
特例措置に13社が申請 東海ラジオは全中継局
radikoは代替手段に?

2023年10月9日号日本デジタル配信 「ケーブル4K」一新
地域課題解決で新プロジェクト HD加えた2ch体制に
オリジナル番組制作を強化 新たな収益事業を創出

2023年10月2日号5社申請したBS右旋4K放送事業者認定
1社が申請取り下げ 難易度増した3社の選定
焦点は通販ch2社の行方 10月の電監審に注目

2023年9月25日号新配信サービス「topo」
東北のテレビ朝日系6局が開始 視聴者の変化見据え連携
東日本放送 藤ノ木社長が交渉
G帯番組制作、仙台支社 統合などで協力の下地も

定期購読についてはこちら毎月4回(月曜)発行

映像新聞を年間購読すると、デジタル版もご覧になれます。
デジタル版は最大5端末までのログインが可能です。

映像新聞は、放送やブロードバンド、デジタルコンテンツプロダクション、映像制作者など映像業界へ向け、ビジネスとテクノロジーの両視点で情報を発信しているビジネスを熱くする専門紙です。
さらに詳しい記事・画像は本紙でご覧いただけます

ご購読のお申込みはこちら

NAB(エヌエービー=全米放送事業者協会)新代表のカーティス・レジェット氏よりビデオメッセージ

お知らせ

映像新聞からのお知らせ

ご購読のお申込みはこちら[毎月4回(月曜)発行]