menu

映像新聞

2019年12月23日

毎月4回(月曜)発行

在名民放4社
共通プラットフォーム構築へ
見逃し配信や地域情報 地上波へのリーチを最大化
アプリ用いたライブ配信も

 CBCテレビ(名古屋市中区)、東海テレビ放送(名古屋市東区)、中京テレビ放送(名古屋市中村区)、テレビ愛知(名古屋市中区)の在名民放テレビ局4社は、共同で、放送番組の見逃し配信や地域情報の配信などを実現する共通配信プラットフォームを構築し、2020年3月からサービスを開始する。在名民放5社で実現に向け協議をしてきたが、4社で見解が一致し、合意に至った。地域の情報をきめ細かく発信することで、地上波テレビ放送へのリーチの最大化を目指す。〈続きは本紙で〉

2019年12月23日号 主な記事

 ●Inter BEE 2019レポート(6)
 ●朝日放送GHDがプロセンスタジオの経営権を取得
 ●VFX制作大手のMPC、バンクーバー・スタジオを急遽閉鎖
 ●シーグラフアジア2019報告(2) CG制作で活躍する3氏が講演
 ●スカパーが「今年の感動ランキング」を調査1

放送

● 在名民放4社 共通プラットフォーム構築へ 見逃し配信や地域情報

CATV/CS

● 「FMしながわ」放送開始 多様な地域情報を提供/ケーブルテレビ品川

プロダクション

● 編集・MA室を増設し業務を増強 企画制作からの「ワンストップ」を拡大/テレビシティ

デジタル映像

● シーグラフアジア2019報告(2) 最新の映像制作技術について講演

プロ機器

● HDBaseT分配延長器を一新 4Kをシンプルに長距離伝送/アイ・ディ・ケイ
● 撮影しながら顔モザイク 特定の人物以外に即時適用/オークネットが提供
● CFexpress Type Bカードを発売 書き込み速度1400MB/秒を実現/ウエスタンデジタル
● 新MacProに各種製品を対応/ATTO
● Inter BEE 2019 レポート
 ・8K長距離光伝送ソリューション 200GbEで非圧縮伝送/OA研究所
 ・5GHz帯の新インカム IPライブ向け新製品も/松田通商
 ・サイネージ向けPC実演 12画面の同時表示が可能/サードウェーブ
 ・インカムラインアップ拡大 音声卓にはIP変換装置/タムラ製作所
 ・コンパクト音声卓を追加 大型コンソールはIP対応/SSLジャパン
 ・IPリモート制作を実演 制御やマルチビューなど/オタリテック
 ・CHIEF製品展示 最新モデルをラインアップ/映像センター
 ・ソニーブースに設置 臨場感ある迫力の映像体験提案/ソニーPCL
 ・透明タイプの有機ELなど 大型映像製品をそろえる/テレビ朝日サービス
 ・クラウドベースの制作を支援 CM制作のマスター管理サポート/フォトロン
 ・マルチビューワー展示 監視ソリューションも/アルビクス
 ・映像用クラウド「TASKEE」 EDIUSと正式連携/IMAGICA Lab

ディスプレー/大型映像

● 東京2020と屋外広告 情報発信の制限などを解説/パブリックビューイング協会が講演会
● 大型LEDの新製品発表 初披露2製品ほか計7機種/インフィレッド・ジャパン
● 「すすきの駅前通りビジョン」正式放映を開始へ 街頭型では北日本最大/ホワイトカンパニー

映画/番組/CM

● クライマー 平出和也氏のスキー番組 4K HDRでNZのヘリスキーなど/WOWOW
● 映画「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」 大統領候補の才女とダメ男の恋の行方

統計・調査

● プロセンスタジオと提携 編集機能を強化、内製化も促進/朝日放送GHD
● 新4K8K視聴可能機器11月末集計 内蔵録画機加わり大幅増 合計270万7000台に/A-PAB
● 待ったなし! 視聴データ活用(6) 地方局と視聴データ 全民放の担当と議論の機会
● 今年の感動ランキング2019 スカパーが1000人を対象に調査 映画の1位は「天気の子」

総合

● ネット広告は信頼性向上が必要 不安・不快に感じる層は多数/JIAAがユーザー調査
● アドバイザリーボードを設置 在京民放5社が視聴データ集約する実証実験
● 24時間体制で番組情報の更新や配信業務など代行/プラットイーズ「24/7サービス部」
● バンクーバー・スタジオを急遽閉鎖/VFX制作大手のMPC
● マクソンとレッドジャイアントが合併 20年1月に取引完了
● 阪神電鉄の子会社に 資本業務提携契約を締結/BAN-BANネットワークス

イベント一覧

● 映文連アワード2019 3部門計125作品が応募 下町情緒と祭りを追ったドキュメンタリーが大賞

映像文化製作者連盟が主催する優れた短編映像作品を表彰する「第13回映文連アワード2019」が11月25日、東京・六本木の国立新美術館講堂で開催された。グランプリに輝いたのは「新日本風土記 佃・月島」(59分)製作:テレコムスタッフ/NHKエンタープライズ/NHK。
同作品は、東京湾に浮かぶ「佃・月島」を舞台に、タワーマンション建設の一方で今も息づく下町情緒と、3年に一度の住吉神社の例大祭に向け、休日返上で300人の男たちが祭りの準備に励む姿を映す。
授賞式では、同作品でディレクターを務めたプラネタフィルムの伊勢朋矢氏があいさつ。「3年に一度の例大祭に向けたひと夏の物語で、佃・月島に暮らす人々が魅力となっている。番組を改めて見返したが、熱い番組だと思った。音も絵も良く録れたことが今回大きく貢献しており、撮影と音声のおかげ。今日ここにかけつけてくれた佃・月島の方たちにも感謝したい」と喜びの言葉を述べた。
映文連アワードには、「コーポレート・コミュニケーション部門」「ソーシャル・コミュニケーション部門」「パーソナル・コミュニケーション部門」の3つの部門があり、本年度は3部門計125作品の応募があった。これらの応募作品は、経験豊かなプロデューサー・ディレクターによる一次審査、さらに映画監督や広告関係者、映像評論家たち(長谷部守彦氏、澤本嘉光氏、清水亮司氏、三井明子氏、谷川建司氏、岡田秀則氏、中山治美氏、松本貴子氏、安藤紘平氏、塩田泰造氏、立石勝氏)による二次審査を経て、最優秀作品賞(グランプリ)、文部科学大臣賞、経済産業大臣賞、優秀作品賞(準グランプリ)3作品、各部門優秀賞などが決定した(別表)。
表彰式の翌日から2日間、受賞作品上映会が「International Corporate Film Showing 2019」とともに東京都渋谷区のユーロライブで開催された。


● ミャンマーでイベント開催 日本の新作ドラマをPR/国際ドラマフェスティバル委員会

国際ドラマフェスティバル in TOKYO実行委員会(大久保好男委員長=民放連会長・日本テレビ放送網会長)では、日本のドラマなど放送コンテンツのプロモーションのためのイベント「Jシリーズ・フェスティバル in ミャンマー」を、2020年1月11日にミャンマー・ヤンゴンで開く。
「Jシリーズ・フェスティバル」は、日本の放送コンテンツを海外の一般視聴者へ発信していくための新たなプロモーション展開として、2013年にスタートした。日本が国家戦略として進めている「放送コンテンツの海外展開の推進」の一端を担う事業であり、クール・ジャパン・イベントとしての意味も持つ。これまで、タイで5回、インドネシアで2回、ベトナム、台湾でそれぞれ1回開催している。
今回は、5カ国(地域)目として初めてのミャンマー開催となる。ミャンマーは親日国であり、日本の産業は数多く流通しているが、放送コンテンツに関しては、流通量が限られており、最近は他のアジア諸国と同様、韓国などのコンテンツに押されていることから、Jシリーズ・フェスティバルの開催で、日本のコンテンツのブームアップのきっかけを作ることを期待しているという。
当日は、日本の新作ドラマ・ダイジェスト上映、日本のドラマ出演者などによるトークショー、ミュージック・ライブ、来場者参加企画を予定している。日本からは、俳優の羽田美智子、森崎ウィン、ミュージシャンの平原綾香、miletが参加する予定。


● ミュージカルの短編企画を募集/SSFF&ASIA、アミューズ

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)は、国内外へ日本のエンターテインメントコンテンツを発信しているアミューズとともに、多様な企画と新たな才能の発掘支援を目的として、ショートフィルムの作品企画を募集している。
テーマは「ミュージカル」で、音楽や歌、複数曲で構成された25分以内の実写ショートフィルムの企画に限る(全編音楽で構成されていなくても可)。制作会社だけでなく、アイデアを持つアーチストや脚本家など幅広い層から募集し、2020年6月に実施する「SSFF&ASIA2020」の『アミューズミュージカルアワード』で最優秀企画を発表。賞金(30万円)および作品化のチャンスが贈られる。
募集期間は、20年2月29日まで(登録料無料)。同年4月にファイナリストを発表する(賞の名称および賞金は変更の可能性がある)。
【応募フォーム・詳細】
https://www.shortshorts.org/ja/creators/musical.php


● 高校生の自主制作映画全国コンクールを開催 原発問題作品が大賞/NPO法人映画甲子園

NPO法人映画甲子園(白川洋次郎理事長)は7日、「高校生のためのeiga worldcup2019(エイガワールドカップ2019)」の最終審査結果を発表した。「エイガワールドカップ」は、高校生の自主制作映画の全国大会。全国の高校が参加して映画作品のテーマや撮影技術、編集能力、演出力、シナリオ、美術制作そして出演者の演技力を映画界、放送界の第一線で活躍するディレクター、シナリオライター、クリエイターらが審査するコンテストになっている。
今年のグランプリは、原発問題に正面から向き合って徹底取材したドキュメンタリー作品『日本一大きいやかんの話』が獲得。監督の矢座孟之進さん(東京学芸大学附属国際中等教育学校=6年制)は、地域部門でも『ぼくに故郷はない』で最優秀作品賞を獲得しており、ダブル受賞の栄誉を得た。
映画『新聞記者』の藤井道人監督が審査した最優秀監督賞には、秋葉蓮さん(昭和第一学園高等学校)の『残されたもの、残せるもの、』が選ばれた。非常に完成度の高い映画で、藤井監督からは「10年後にはライバルになるかも」と高い評価を受けていた。
また、最優秀女性演技賞は、藤岡愛里さん(玉川学園高等部『夢唄』)が受賞。藤岡さんは、俳優・藤岡弘、の娘であることが受賞後判明して話題になった。
なお、自由部門、地域部門それぞれの最優秀作品賞と「BS10スターチャンネル賞」受賞作品の合計3作品は、1月19日にBS10スターチャンネルの無料放送『映画をもっと。』で放送される。
【受賞結果の詳細】https://www.eigakoushien.com

ご購読のお申込みはこちら

毎月4回(月曜)発行

映像新聞

映像新聞は、放送やブロードバンド、デジタルコンテンツプロダクション、映像制作者など映像業界へ向け、ビジネスとテクノロジーの両視点で情報を発信しているビジネスを熱くする専門紙です。

さらに詳しい記事・画像は本紙でご覧いただけます

定期購読する