menu

映像新聞

2020年3月9日

毎月4回(月曜)発行

JOCDN
キー局の同時配信本格化へ準備
安定・低価格のCDN提供
放送局の動画配信を技術支援 事業参入のハードル下げる

 国内向けのCDN(Contents Delivery Network)サービス提供事業者であるJOCDN(東京都千代田区)は、放送局のネット同時配信、動画配信事業の本格化を見据え、シェア拡大に向けた取り組みを本格化する。4日、同社の鈴木幸一会長、篠崎俊一社長らがCDN事業の概況と今後の事情展開について説明。篠崎社長は、放送局の送信設備のような位置付けでCDN事業を推進していくという。NHK常時同時配信のCDNは、外資系事業者が主体になっていることから、民放キー局の同時配信では、国内企業としてサポートしたい考えだ。

2020年3月9日号 主な記事

 ●IMAGICA SDI Studioが稼働/IMAGICA Lab.とSDI Mediaの合弁会社
 ●J:COM仙台キャベツ/生中継で3.11震災特別番組
 ●ドコモ、MBS、ミハル通信、アストロデザインが5G 8Kライブ伝送の共同実験
 ●社内を繋ぐローカル5G/産業機器の接続を主眼に
 ●オランダで開催の「ISE2020」高精細への開発競争激化

放送

● キー局の同時配信本格化へ準備 安定・低価格のCDN提供/JOCDN
● 民放ラジオ101局特別番組 「お家でRADIO」を放送 3月20-22日 桑田佳祐が出演
● 一部のchを無料放送 「外出控え」に対処/スカパー

CATV/CS

● 災害時の人的・物的支援で松戸市と協定/J:COM東葛・葛飾
● 生中継で震災特別番組 仙台・荒浜地区の今を伝える/J:COM仙台キャベツ
● 京葉ガスと業務提携で都市ガス小売サービス/ジェイコム千葉が取次開始
● 10G,5Gコース追加 関東・関西一部エリア/J:COM NETサービス
● 自宅で新型感染症の情報入手 4chのニュース専門局 イッツコムが無料放送

プロダクション

● IMAGICA SDI Studioが稼働/IMAGICA Lab.とSDI Mediaの合弁会社

デジタル映像

● KDDIがVRの新メニュー 「ガイドVR-12K-」提供 12K・360度画像を同時閲覧

インターネット/通信

● 約100本のライブ映像 3月末まで限定配信/エイベックス
● ドコモ光 タイプC 提携CATVは22社に/ドコモ
● 動画配信プラットフォーム 2カ月間無償で開放/CRI・ミドルウェア

プロ機器

● Siklu社製の長距離無線LAN 送受信は最大10Gbps 日本国内での販売開始/理経
● クラウドでProResに変換 SETARIA CLOUDを機能拡充/ねこじゃらし
● リモートワークの運用を支援 在席確認システムを開発/プラットイーズ
● レジャーチャンネルに設備納入 六本木新社屋への移転に伴い/池上通信機

ディスプレー/大型映像

● オランダで開催の「ISE2020」 高精細への開発競争が激化 0.6ミリピッチのLED登場
● 宇都宮市の魅力アピール 大型サイネージを活用 JR駅前で各種情報発信
● よみうりランドに植物園 映像マッピングで演出 自然の「花」とエンタメを融合
● ソニーがクリスタルLEDで大河内記念生産賞、受賞

映画/番組/CM

● 映画「モルエラニの霧の中」 室蘭を舞台に緩やかにつながる全7話

統計・調査

● コードカッティング 日本の実情(2) 「引っ越し」が最も多い解約理由
● AV&IT機器世界需要動向 テレビ 24年までは横ばい傾向/JEITA

総合

● 5G 8Kライブ伝送に成功 ドコモ、MBS、ミハル通信、アストロデザインが共同実験
● 社内を繋ぐローカル5G 産業機器の接続を主眼に
● 新型コロナがイベント業界に影響 ネット利用の売上は好調
● 2025年の大阪・関西万博 イベント業界が注目 今秋には基本計画策定
● ディスプレー「防眩フィルム」 光学測定原理を解明/DNP

イベント一覧

● 特定ラジオマイク機構 「技術賞」の作品募集 一般・学生部門 締切迫る

特定ラジオマイク運用調整機構は、第20回「特ラ機構 技術賞」一般部門および学生部門の作品を募集している。応募締め切りは3月31日。
この賞は「舞台・イベントの音響担当者や、全国の公共ホールなどで特定ラジオマイクを活用している技術者にスポットを当てること」を目的に実施している。
対象作品は、一般部門が、(1)舞台、イベント(演劇、コンサートなど)(2)映像(映画、テレビ番組、CM/VPなど)(3)その他、学生部門はすべてのジャンルで、2019年1月から20年3月31日までの15カ月間に実施されたもの。候補の対象者は、会員社(者)が原則だが、会員以外にも賞に値すると思われる作品は推薦できる。自己推薦も問わない。推薦は1人1件とする。
6月に開く予定の総会で発表・表彰をする。
【詳細】https://www.radiomic.org/Dwnld/info/20191101gijutsu-sho.pdf
【問い合わせ】Eメール=office@radiomic.org


● 新型コロナ感染拡大で各主催者が対策を発表

3月6日に開幕した「第15回大阪アジアン映画祭」では15日までの会期中、上映会場におけるすべての舞台あいさつを中止した。上映については、予定どおり実施している。

ケーブルテレビ情報センター(CRI)は、3月19日に予定していた「第181回 CRIフォーラム」の開催中止を決定した。予定していたテーマについては、
4月以降のフォーラムで調整を進めていくという。

日本UAS産業振興協議会、コングレ、スペースメディアジャパンは、民生用・商業用ドローン産業の国際展示会「Japan Drone 2020- Expo for Commercial UAS Market-」の開催を3月25-27日に予定していたが、延期を決めた。新たな開催の期日は未定としている。

ご購読のお申込みはこちら

毎月4回(月曜)発行

映像新聞

映像新聞は、放送やブロードバンド、デジタルコンテンツプロダクション、映像制作者など映像業界へ向け、ビジネスとテクノロジーの両視点で情報を発信しているビジネスを熱くする専門紙です。

さらに詳しい記事・画像は本紙でご覧いただけます

定期購読する