menu

4K8K映像技術展

2020年6月15日

毎月4回(月曜)発行

WOWOW リモート制作ドラマ
ビデオ会議アプリ活用 中継の要素加えたハイブリッド型
ビジュアルプログラミングツールが威力

 WOWOW(東京都港区)が5月末と6月初めに無料配信・無料放送した、リモート制作ドラマ『2020年 五月の恋』(1話15分/全4話)は、ビデオ会議アプリを活用し、ライブコンテンツ制作の要素を取り入れたユニークな制作手法をとっている。ドラマは吉田羊と大泉洋がW主演。離婚した元夫婦が、それぞれの部屋から、スマートフォンでやりとりする設定の会話劇だ。現在はYouTubeのWOWOWオフィシャルチャンネルとメンバーズオンデマンドで視聴できる。7月5日午後1時から「特別版」の無料放送が決定している。〈続きは本紙で〉

2020年6月15日号 主な記事

 ●伊藤忠ケーブルシステムがオンラインイベント「Virtual NAB」を開催
 ●プラットワークス/放送・配信業務で緊急時対応サービス
 ●ケーブル連盟とネットフリックス動画配信サービスで提携
 ●新千歳空港で295型の大型LEDビジョンが稼働

特集

● リモートサービス特集
・コロナ禍における遠隔制作 Zoomなどの利用で積極展開/レスパスビジョン
・共同で「STUDIO DISTANCE」開始/東北新社、monopo
・リモートプレビュー開発 高画質でテロップも確認可能/フォトロン
・「フルリモート動画制作プラン」提供/AOI Pro
・遠隔作業用の符号化方式 国際標準規格「JPEG-XS」が脚光
・フルクラウドで共同作業 ストレージ新製品を発表/VGI、エディットシェア
・「特徴量」を使用した遠隔品質監視システム/K-WILL
・新たに「試写」機能 遠隔編集作業を支援/メモリーテック
・多目的なリモートカメラ 運用支援ソフトウエアも充実/パナソニック
・高精度なエコー除去機能 USBカメラもリリース/ClearOne、松田通商
・遠隔作業ソリューション 簡単設置で安全にPC制御/ADDER、タックシステム
・NDIリモートカメラ 1人で複数台を操作可能/ブロードデザインが国内販売
・スマホから映像配信 低遅延・高画質で提供/「Dejero LivePlus」、朋栄
・4Kリモート制作に対応 ウェブ配信用エンコーダー/Matrox、ジャパンマテリアル
・スマホで簡単に中継実現 新製品はマルチカメラ入力も/LiveU、三信電気
・PC内蔵のウェブカメラ 在席状況の確認が可能/プラットイーズ「IRU・me」

放送

● 会員向け 放送・配信業務 緊急時対応サービス開始/プラットワークス

CATV/CS

● 動画配信サービスで提携 年度内CATV50局が提供へ/ケーブル連盟、ネットフリックス
● 「スマート農業」を推進 レタス初生産 加入者に無料配布/入間ケーブルのグループ会社

プロダクション

● リモート制作ドラマ ビデオ会議アプリ活用/WOWOW

デジタル映像

● ソリッドレイ研究所が新製品 VRで危険誘発を体感 HMD装着せず筐体に固定

プロ機器

● AVMATRIX社製品を取り扱い 小型スイッチャー2製品を発売/エーディテクノ
● 「Virtual NAB」をウェブ開催 取り扱い各社が最新製品を発表/伊藤忠ケーブルシステム

ディスプレー/大型映像

● 新千歳空港の大型ビジョン 295型LEDが稼働 イベントとの連動も実施
● カリヨンビジョンを運用 周辺の建築景観と一体化/大阪ターミナルビル
● 日本科学未来館「ドームシアターガイア」 投写システムをリニューアル

映画/番組/CM

● 映画「悪の偶像」 重量感あふれるクライム・スリラー

総合

● 混雑状況判定ソフト 防犯カメラの映像を解析/モルフォ、セキュアが新宿三角ビルに納入
● 五輪でビッグサイトが使用制限 572社が東京都に嘆願書 仮設展示会場建設を要請

イベント一覧

● Clear-Com製品を解説 基礎からシステムアップまで/松田通商がウェビナー

松田通商は、6月30日に恒例の「MTCコミュニケーションセミナー」を、YouTube Liveによるウェブセミナーとして実施する。
今回は「Clear-Comウェビナー」と題し、Clear-Comのパーティーライン「Encore」、デジタルワイヤレス「FreeSpeak Ⅱ・DX」、デジタルパーティーライン「HelixNet」、IPインタフェース「LQ」についての説明をはじめ、製品の基礎からシステムアップに至る応用までを取り上げ、今後のシステムプランニングや機種選択などに役立つ内容となっている。また同社での取扱製品も披露する。
参加は無料(事前登録制)。
【日時】6月30日/13時30分開始(約2時間の予定)
【参加方法】参加申し込みをすると、前日の29日にYouTube Liveのリンク先が通知される。参加受付は26日13時まで
【申し込み】eメール=seminar@mtc-japan.com(期間限定アドレス)または、申し込みフォーム=mtc-japan.com/news/2020/0608


● 月の講座受講者にQUOカードを進呈/フェローズがキャンペーン

フェローズは、「Fellows Creative Academy(フェローズクリエイティブアカデミー)」の申込者数1万人突破を記念して、6月の対面講座受講(フェローズ各拠点での講座)の参加者に、500円のオリジナルQUOカードをプレゼントするキャンペーンを実施している。
フェローズクリエイティブアカデミーでは、クリエイティブの現場の第一線で活躍するクリエイターを講師に招き、現場にいないと分からない業界の流れや技術のトレンドを学べる場を提供している。
2013年12月、東京・恵比寿の東京本社内にセミナールームを開設後、16年にはフェローズの支社がある、札幌、仙台、金沢、名古屋、京都、大阪、福岡でもセミナーを開始。18年からは、新潟、広島、沖縄を加えた全国のフェローズの拠点で実施している。
セミナー開設から4年半で、申し込み者数が1万人を超えた。通常、クリエイティブセミナーは首都圏で開催されることが多いが、フェローズでは全国の拠点で開催し、地方で活躍するクリエイターが地元で受講できる機会を提供してきたことが、多くの申し込みにつながったとみている。
なお対面講座は、新型コロナウイルス予防対策として、開催を自粛していたが、6月8日から再開。講師・受講者の安心・安全を最大限配慮し、受講定員は従来の半数に、座席は社会的距離を確保した配置にしている。
Quoカードの進呈は、1人につき1回。同社のキャリアアップ制度を利用した場合には適用外となる。


● 京都国際マンガ・アニメ大賞 2020」の作品募集/映像産業振興機構(VIPO)

映像産業振興機構(VIPO)は、京都市からの受託事業の一環として、「京都国際マンガ・アニメ大賞 2020」の作品募集を開始した。
京都国際マンガ・アニメ大賞は、マンガ、イラスト、CGアニメの3つのコンテストで構成され、これを柱に多様な才能を持ったクリエイターの発掘・育成を目指す。応募締め切りは7月31日。
【詳細】www.vipo.or.jp/news/24171

ご購読のお申込みはこちら

毎月4回(月曜)発行

映像新聞

映像新聞は、放送やブロードバンド、デジタルコンテンツプロダクション、映像制作者など映像業界へ向け、ビジネスとテクノロジーの両視点で情報を発信しているビジネスを熱くする専門紙です。

さらに詳しい記事・画像は本紙でご覧いただけます

定期購読する