menu

映像新聞

2020年8月24日

毎月4回(月曜)発行

民放キー局
同時配信実施へ加速 日テレ10月 各社も準備
配信マスター設ける局も 共通プラットフォームTver検討

 民放キー局のネット同時配信(以下、同時配信)の実施に向けた動きが加速している。既に日本テレビ放送網が、10月からプライムタイム(午後7-11時)の番組を中心に、同時配信を開始することを表明。ローカル局への配慮、広告主との調整、著作権制度の問題など、難題が残されている中で、リーダーシップを発揮した形だ。モバイル端末のみでテレビを視聴する層が拡大する中で、他のキー局も同時期に実施する方向で準備・調整を進めている模様である。配信プラットフォームには、キー局の公式見逃し配信ポータル「TVer」の活用が有力視されるが、まだ流動的な面がある。〈続きは本紙で〉

2020年8月24日号 主な記事

 ●4K DLPシネマプロジェクターを導入 4Kでの劇場作品制作サービスを開始/キュー・テック
 ●「TV局はどこへ(上)」民放キー局第1四半期決算/広告収入合計は22.3%減
 ●米国で高性能プロセッサー専門学会/モバイル向け製品が大幅に進化
 ●スカパーオンデマンド/エンタメ応援プランを提供
 ●シンユニティグループがバーチャルイベント/オンライン配信の具体例を示す

放送

● 同時配信実施へ加速 共通プラットフォームTver検討/民放キー局

CATV/CS

● スラックライン ジャパンカップ 4K収録・全国配信/Goolight
● エンタメ応援プラン提供 主催者の配信費用を負担/スカパー! オンデマンド
● 身近な医療機関情報 CATV事業エリアに特化/CNCI、東海テレビが提供
● 電力小売事業で合弁会社 地域密着のサービス展開/日宣とケーブルテレビ社
● 埼玉縣信用金庫と業務提携を結ぶ/ジェイコム埼玉・東日本
● 関西の花火大会の総集編/ジェイコムウエストが特番

プロダクション

● 4K DLPシネマプロジェクターを導入 4Kでの劇場作品制作サービスを開始/キュー・テック
● アニメのAI高解像度変換サービスに2-3プルダウンなど追加/ラディウス・ファイブ
● ドルビーアトモス採用のクラシックアルバムを発表/ドルビーとグラモフォン

デジタル映像

● ホークアイのプレー分析サービス 全30球場で導入/米MLB
● 極暗所での画像認識で新たな深層学習手法/ソシオネクスト
● オンライン配信の具体例示す/シンユニティグループがバーチャルイベント

インターネット/通信

● プロチーム活動の新拠点 高速ネットなど設備が充実/ブロードメディアeスポーツ

プロ機器

● 4Kリモートカメラ  収録から機器監視まで可能なクラウドも/パナソニック
● 光沢あるリバーブのプラグイン 緻密な追い込みにも対応/タックシステム
● AJA製大容量SSDの専用メディアリーダー開発/AFT
● EOS R6を27日に発売 クロップなしの4K60p撮影/キヤノン

ディスプレー/大型映像

● 地下鉄さっぽろ駅構内に「ミナパ」 アイヌ文化を発信する空間
● 中国製大型LEDを国内販売 インフィレッド・ジャパン 川崎社長に聞く
● 小倉の「アルシオンビジョン」 コンテンツ制作・運営を継続へ/グラーンライザ北九州

映画/番組/CM

● 映画「シリアにて」 戦場で孤立した家族らを守る一家の主婦

統計・調査

● 再注目のドライブインシアター 未体験者「見たい」47.7%/日本トレンドリサーチが意識調査

総合

● 地域創生メディア事業 新会社を設立/MBSイノベーションドライブ
● 高性能プロセッサー専門学会「HotChips32」(1) インテルとAMDが激戦
● アニメの制作進行マニュアルを公開/日本動画協会

イベント一覧

●cineXバンドル製品 販売プロモーション実施/NewX

NewXは、cineXアプリのコーデックやプラグインをバンドルした「cineX Everything」トライアルキャンペーンを実施している。
cineX新規ユーザーは、8月31日までに専用ウェブサイト(cinedeck.com/promo-license-through-partner)からサインアップすることで、通常価格112万円の1年間ライセンスを13万2000円(すべて税別)で購入できる。購入期間は10月15日まで。既存ライセンシーは、NewXのウェブサイト(www.newx.co.jp)から1月30日までにサインアップすることで同価格で購入できる。
詳細はNewXのウェブサイトまで。


●放送・通信のBCP対策サービス オンラインで事例を交え解説/プラットイーズ、プラットワークス

プラットイーズとプラットワークスは、放送・配信サービスのBCP(事業継続計画)に関するオンラインイベント「プラットイーズグループ オンライン展示会 ~Withコロナの放送・配信業務~」を9月4日に開催する。参加無料。
昨今の予期せぬ災害発生やコロナ禍などで、放送・配信業界においても、BCPの対策はせざるを得なくなっている。プラットイーズグループでは、緊急事態宣言中の急な放送・配信業務代行の引き合いや、リモートワーク向けのシステム改修などにも迅速に対応し、顧客のサービス継続をサポートしている。
今回のイベントでは、以前から放送・配信サービスの運用を幅広く支援する企業として、BCP対策を先進的に進めてきた同社グループのノウハウについて伝える。
【イベント内容】▽セミナー「Withコロナの今、プラットイーズグループが提供するBCP対策サービス」▽オペレーション現場レポート「緊急事態に立ち向かう、ユニバーサル業務センター」プラットイーズグループでの放送・配信業務の事例紹介。BCP対策で徳島県神山町に設立した「えんがわオフィス」の様子も中継▽トークセッション「『コロナで止まるな!』~いかにして乗り切ったか振り返る~」
【日時】9月4日/14時-17時30分
【参加方法】イベント当日に、プラットイーズのウェブサイトのイベントページにアクセスし、参加登録をすると、Zoomでの参加、またはウェブブラウザー上での視聴が可能
【イベント開催ページ】www.plat-ease.co.jp/event


●LiveU新製品 ウェビナーで説明/三信電気

三信電気は、「LiveU新製品LU800 Webセミナー」を8月28日に開く。
「LU800」は9月出荷予定の最新機種で、LiveU送信機の最上位機種になる。マルチカメラ入力、4K HDR映像サポート、5Gネイティブ対応といった新機能を備えている。今回のウェブセミナーでは、LU800の最新情報とともに、実機を使用したデモを実施する予定。
【日時】8月28日/14時開始(30分程度の予定)
【実施方法】Zoomを使用
【定員】300人(定員に達し次第受付終了)参加無料
【申し込み】www.sanshin.co.jp/business/solution/vd/webseminar.html


●ウェブマーケティング実践 顧客の心つかむ戦略を解説/CRIがオンラインセミナー

ケーブルテレビ情報センター(CRI)は、Zoomを使った「第2回CRIオンラインセミナー」を8月28日に開く。
今回は「コロナ禍をチャンスに変える-顧客をファンにするためのWEBマーケティング」をテーマに、SATORI マーケティング営業部パートナーグループグループ長/石坂拓也氏が講演する。
顧客に会えない状況でもウェブサイトで契約を増やし、契約後も『ファン』でいてもらうための方法論として、「ウェブマーケティングを実践するためには、どんな情報をどのように管理することが有効なのか」、「顧客の『行動データ』を活用し、どう契約に結びつけるか」などについて解説。また、既に採用されている関東圏内のCATV局の活用事例についても報告する。
【日時】8月28日/13時30分-14時30分
【参加費】CRI会員2000円、非会員5000円
【申し込み・詳細】www.cri-info.jp/20200813_5963.html


●第7回ATENウェビナー「お見せしましょう!ATEN IP-KVMの実力を ~IP-KVM『KEシリーズ』のご紹介~」

ATENジャパンの営業担当がスピーカーを務めるウェブセミナー。放送業界に特化した内容で、実際に導入している放送局の事例を交えながら、ATEN IP-KVM製品導入によるメリットを伝える。
Zoomでの視聴申し込みは先着100人。上限に達した場合、YouTubeライブでの視聴を案内する。申し込み締切は、9月1日12時。セミナーのURLおよび参加方法の詳細については、申し込み後に個別に連絡する。参加無料。
【日時】9月2日/14-15時(プログラム終了後、Zoom Q&A機能を使用した質疑応答の時間を設ける)
【詳細】https://www.sotuu.net/atenjapan/webinar/07/apply.html


●マルチメディア振興センター研究発表「世界のAI戦略-各国が描く未来創造のビジョン」出版記念講演会

8月28日にオンライン(Zoom)で実施。「世界で進展する超スマート化 日本はどうする?」をテーマに、①研究成果報告「世界で進展するサイバー空間とフィジカル空間の融合」、②講演・パネルディスカッション「国家AI戦略の世界動向と人とAIの共生の可能性」で構成する。
基調講演では、「AI・ロボットと人の共生社会における対話知能学の可能性」と題し、大阪大学大学院 基礎工学研究科教授の石黒浩氏が登壇する。
申し込みは8月25日まで。受け付け後に視聴用URLの連絡がある。参加無料。
【日時】8月28日/13時30分-17時
【申し込み・詳細】www.fmmc.or.jp/activities/kenkyukai/tabid319.html

ご購読のお申込みはこちら

毎月4回(月曜)発行

映像新聞

映像新聞は、放送やブロードバンド、デジタルコンテンツプロダクション、映像制作者など映像業界へ向け、ビジネスとテクノロジーの両視点で情報を発信しているビジネスを熱くする専門紙です。

さらに詳しい記事・画像は本紙でご覧いただけます

定期購読する