menu

2021年8月30日

毎月4回(月曜)発行

映像配信高度化機構、三菱総研が実証実験
8K大画面ビューイング 一般IP回線で複数カ所に配信
システムが完成、ライブ伝送も

映像配信高度化機構と三菱総合研究所は、「高度映像配信システム」を用いて、4K.8Kコンテンツと5.1chサラウンド音響を一般のインターネット回線で複数カ所に配信し、鑑賞してもらう大画面ビューイングの実証実験「NIPPON 8K IMMERSIVE THEATER(8K『没入感』劇場 にっぽん)」を、12、13、24、25日に実施した。同実証実験は、令和3年度総務省実証事業として、東京五輪/パラリンピックでライブビューイングを実施する予定だったが、中止となったことから、その代替として関係者向けに実施している。〈続きは本紙で〉

2021年8月30日号 主な記事

 ●福島県「相馬野馬追」をライブ配信/クリーク・アンド・リバー社が企画・運営・プロデュース
 ●NTTぷららが「ノジマTリーグ」開幕戦を生配信/CG演出やデータ分析解説を実施
 ●HotChips33報告(1)/急展開をみせる実装技術
 ●カシオがプロジェクションモジュール発売/組み込み用途に
 ●JR大阪駅の大型ビジョン/広告視認計測機能を搭載

特集

● 8K特集
 ・NHK BS8K 東京五輪 生中継中心に約200時間 パラでも水泳・陸上など放送
 ・ポストプロダクションの8K設備 映像制作の領域が拡大へ 新規市場の開拓を目指す
 ・多彩な製品ラインアップ 8K映像の活用に貢献/アストロデザイン
 ・HDと同様な操作感覚 8Kでもダイレクト編集/さくら映機
 ・8K60Hz伝送に対応 光ファイバーHDMI/エーディテクノ
 ・8KのIP運用拡大 IFボードを10月発売/ソニー
 ・8K編集向けGPUを採用 スタジオ用途の機能装備/マウスコンピューター
 ・8Kのラインアップ拡充 信号同期や色域変換など/朋栄
 ・各種RAWコーデック対応 HDR制作サポート/Mistika 8K

CATV/CS

● オリジナル4K時代劇の第3弾/J:COM、日本映画放送
● 自社携帯サービス 5Gの提供を開始/J:COM

プロダクション

● 福島県「相馬野馬追」をライブ配信/クリーク・アンド・リバー社が企画・運営・プロデュース
● 「フリーランスサポート」を開始/イマジカデジタルスケープ

インターネット/通信

● 独自技術で球の軌跡を自動可視化 「ノジマTリーグ」の開幕戦/NTTぷららが生配信

プロ機器

● ATEM Mini用キャリーケース マルチビューとディスプレーを搭載/エーディテクノが発売
● 8Kの放送用小型ズームレンズ 16-160ミリで全域F2.8/キヤノン
● ドルビーアトモスの音楽制作を支援する専用サイトを開設/ドルビージャパン

ディスプレー/大型映像

● プロジェクションモジュール発売 組み込み用途に提案/カシオ
● 湾曲した大型ビジョン 心斎橋ネオン食堂街で稼働 内壁形状に合わせて設置
● 音声と広告視認計測機能を搭載 JR大阪駅の大型ビジョン JR西日本系列会社が運営

映画/番組/CM

● 映画「ホロコーストの罪人」 地元の秘密警察がナチスの代わりに先導

総合

● 8K大画面ビューイング 一般IP回線で複数カ所に配信/映像配信高度化機構、三菱総研が実証実験
● 「HotChips33」報告 (1) 転換点を迎えた半導体設計 チップレット接続が主流に

イベント一覧

● MPTE AWARDS 技術開発・映像技術の各賞発表 11月に表彰式を開催へ

日本映画テレビ技術協会は、「MPTE AWARDS 2021」の第74回 技術開発賞および第74回 映像技術賞の受賞者を発表した。表彰式は11月開催の予定。
◆第74回 技術開発賞
【技術開発賞】▽新クロマキー技術「ニジクロ」の開発(関西テレビ放送・金子宗央、大西祐輔)▽BS独自のリモート出演システム「TBS BELL」(TBSテレビ 未来技術設計部/TBS Tech Design Lab)
【技術開発奨励賞】▽超テレビ連動アプリ/テレビちゃんシステムの開発と実用化(愛媛朝日テレビ/テレビちゃん。タスクフォースチーム)
◆第74回 映像技術賞
[撮影] ▽劇場公開「太陽は動かない」(江崎朋生)▽TVドラマ「連続ドラマWコールドケース3~真実の扉~」(山田康介)▽ドキュメンタリー「生と死の音~新型コロナ専用ICU、4日間の記録~」(日本テレビ放送網/上遠野将人)▽ニュース「星空を守る町・岡山美星町」(テレビ朝日/花山陽子、小出義明)
[照明] ▽劇場公開「太陽は動かない」(三善章誉)▽TVドラマ「ドラマ こもりびと」(NHK/井本敬人)
[録音] ▽劇場公開「罪の声」(加藤大和、壁谷貴弘)
[音声] ▽放送「1万人の第九2020 つながろう今」(毎日放送/田中聖二)
[美術] ▽放送「第71回紅白歌合戦」(第71回NHK紅白歌合戦デザインチーム)
[編集] ▽劇場公開「アンダードッグ」(洲崎千恵子)▽放送「1万人の第九2020 つながろう今」(毎日放送/露口三郎)
[VFX] 「映像研には手を出すな!」(実写「映像研には手を出すな!」VFXチーム/スタジオ・バックホーン)
[OAG] 「キスマイ10周年でやれるかな?テレビ朝日人気番組の裏側に潜入しちゃった ほぼ3時間SP」(テレビ朝日/横井勝、加藤喬)


● MADD.Award 2021 2つのカテゴリーで映像作品の募集開始/テーマは「内なる宇宙」

次世代映像にかかわる実験・考察の場を提供するMADDは、『内なる宇宙(The Universe Within)』をテーマとした次世代映像アワード「MADDAward 2021」を開催する。3回目を迎える同アワードは、2つのカテゴリーで映像作品を募る。
カテゴリー「Cat1」は、『内なる宇宙』のテーマを大型ビジョンで表現する8K解像度程度の映像(実写、アニメーション、CG)作品。上映時間は60-180秒。「Cat2」は確定次第、告知する予定。応募資格は、企業・団体、個人・グループ、年齢、性別、職業、国籍を問わない。8K作品制作にかかわる機材、環境、制作などは、MADDがサポートする。
エントリー締め切りは、10月31日、作品提出締め切りは11月26日。
応募作品の中から、審査により2カテゴリーの優秀賞ほか各賞を選出する。入賞作品は「SIGGRAPH Asia 2021 TOKYO」(12月14-17日)において、サテライト会場として上映会を開き公開する予定。
【応募詳細】https://madd.jp/


● 4K.8K映像技術展 総務省、NHKの基調講演を実施へ

RX Japan主催の「4K.8K映像技術展」(10月27-29日/幕張メッセ)において、総務省、NHKによる基調講演が実施される。
4K8K実用放送が開始され4Kテレビの普及が進み、ネット配信サービスも台頭しつつあり、本格的な放送と通信の融合の時代が到来している。基調講演「4K8K時代の放送政策」では、総務省情報流通行政局長の吉田博史氏が、ICTの激動の時代における放送政策について解説する。
基調講演「公共メディアNHKの放送・ネット新時代へのチャレンジ」では、NHK技術局長の寺田健二氏が、普及が進む新4K8K衛星放送や常時同時配信・見逃し配信サービス「NHKプラス」の最新状況、コンテンツ充実に向けた新しい制作技術、最先端の放送技術など、NHKの技術の取り組みと今後の展望を語る。
【申し込み・詳細】https://www.4k8k-expo.jp/seminar


● CRIオンラインセミナー CATVの無線事業戦略 となみ衛星通信が事例報告

ケーブルテレビ情報センター(CRI)は、第16回オンラインセミナー(Zoom使用)として『ケーブルテレビ事業の無線事業をどう伸ばすか!!』をテーマに、となみ衛星通信テレビの「農業IoT戦略」について関係者が報告する。
富山県のとなみ衛星通信テレビでは2018年から農業IoTについて、さまざまな実証事業を実施している。水田の監視や用水路の水制御、またビニールハウスの育苗管理などを展開。そして地域の要望に応えて「ため池の水位監視」なども手掛けている。
これらの経験からIoTの事業化に踏み切れると判断し、CATVの事業エリア一円にIoT用の無線基地局を全域展開することを決断。用途は農業に限定することなく鳥獣被害の監視や気象センサーのデータを収集し、データ販売することも視野に入れている。
同社では自局の単独サービスではなく、全国のCATV局が同一のネットワークを構築することで、データの収集が広範囲になり新たなデータ販売のビジネスにつながる可能性があるとも考えているという。
【日時】9月7日/13時30分-15時
【参加費】CRI会員3000円、非会員6000円
【申し込み・詳細】https://www.cri-info.jp/20210819_6173.html

連載

民放開始70周年(7) 視聴率競争から次の時代へ 直近10年で激変した行為者率

ご購読のお申込みはこちら

毎月4回(月曜)発行

映像新聞

映像新聞は、放送やブロードバンド、デジタルコンテンツプロダクション、映像制作者など映像業界へ向け、ビジネスとテクノロジーの両視点で情報を発信しているビジネスを熱くする専門紙です。

さらに詳しい記事・画像は本紙でご覧いただけます

定期購読する



55thAnniversary
■おかげさまで創刊55周年
 1966年(昭和41年)11月1日に創刊した「映像新聞」(当初は月刊「日本映画技術新聞」)は、おかげさまで55周年を迎えました。これもひとえに、ご愛読いただいております読者および広告主の皆様のご支援によるものと、心より感謝を申し上げます。放送・映像業界は、絶え間ない技術革新により、変化と成長を続けております。これからも、最新の動向を的確にとらえ、皆様のビジネスに役立つ正確な情報を伝えることに努めてまいります。今後もご愛顧いただき、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、お願い致します。

映像新聞社 社員一同




映像新聞 無料電子版

無料電子版 最新(12月13日)号




映像新聞 電子版購読

(外部サイト・新聞オンライン)

映像新聞社では、株式会社ズノーと業務提携し、同社の展開する入札情報提供サービスと連携した「映像入札王」を提供いたします。

映像・情報通信関連イベント

一覧







NAB Show 公式ウェブサイト