menu

2021年11月15日

毎月4回(月曜)発行

フジテレビ
5G+クラウド中継 サガテレビ、ソニーと共同で実証実験
検証用ライブ番組を遠隔2カ所で制作・配信
リアルタイム映像切り替えやテロップ重畳

フジテレビジョン(東京都港区)は、サガテレビ(佐賀県佐賀市)、ソニー、ソニーマーケティングと共同で、5G商用サービスと、ソニーが開発中のクラウド中継システムを用いたリモート番組制作「CNG(クラウドニュースギャザリング)」の実証実験を10月14日に実施した。フジテレビは5G商用サービスを用いたCNGの1回目の実証実験を昨年11月に実施しており、今回が2回目。東京・新宿区と佐賀市内からの中継映像を5G経由でクラウド中継システムに送り、フジテレビとサガテレビそれぞれの操作PCからスイッチングやテロップの重畳などを実施している。〈続きは本紙で〉

2021年11月15日号 主な記事

 ●Inter BEE 2021 特集
 ● TREE Digital Studio撮影部門ラージフォーマットの撮影機材を拡充
 ●「コロナ後のテレビ業界」(1) 後退するライブ視聴
 ●マルチアングルによるライブ 2D映像×360度映像で収録/東京ケーブルネットが動画販売
 ●イノベーションワールドフェスタ2021 AR演出でライブパフォーマンス
  /シンユニティグループが大型映像技術を担う
 ●Inter BEE 2021 追加情報

特集

● Inter BEE 2021 特集
・17-19日 幕張メッセ IP・クラウド・ライブ SaaSで番組制作効率化
・DX背景に多彩な製品 2年ぶりのリアル開催 キーワードは「高速・大容量・柔軟性」
・各社出展概要
・Inter BEE 2021 追加情報
http://www.eizoshimbun.com/denshiban/interbee_add.htm

CATV/CS

● マルチアングルによるライブ 2D映像×360度映像で収録/東京ケーブルネットが動画販売
● スマホ教室のテレビ版 情報格差の解消を目指す/ジェイコムウエストが新番組
● 災害時の情報提供で協定/J:COM茨城と守谷市

プロダクション

● ラージフォーマットの撮影機材を拡充/TREE Digital Studio、CRANK事業部

デジタル映像

● イノベーションワールドフェスタ2021 AR演出でライブパフォーマンス/シンユニティグループが大型映像技術を担う

プロ機器

● クラウド中継システム AWSのSaaSで/ソニー
● レガシー機器をデジタル接続 オーディオ変換器4機種を発表/エーディテクノ
● コンバーターの新シリーズ 3G-SDIに対応、高画質化/デジタルアーツ
● 自社常設スタジオでオンラインコミュニケーション/パナソニック コネクティッドソリューションズ社
● VVC規格の映像評価システム 4K120pの小型レコーダーも/アストロデザインが発売
● 第5回映像伝送EXPO 今後の放送・制作に必要な機器を披露

ディスプレー/大型映像

● 液晶テレビ新シリーズ ミニLEDバックライト搭載/シャープ
● 4K.8K映像技術展、XR総合展 各社から最新ディスプレー

映画/番組/CM

● 映画「スズさん 昭和の家事と家族の物語」 激動の時代を生き抜いた1人の女性

総合

● 5G+クラウド中継 サガテレビ、ソニーと共同で実証実験/フジテレビ
● タックシステムを子会社化/レスターコミュニケーションズ
● 相次ぐテレビ受像機の国内製造撤退 次世代地デジの規格化に影響か

イベント一覧

● オンライン展示会開く 期間限定コンテンツも/松田通商が15-19日

松田通商は、オンライン展示会「2021秋 MTC Online TradeShow」を11月15-19日に開く。特設サイトでの製品説明と、5日間限定でYouTubeにおいて事前登録制のコンテンツを公開。オンライン商談も実施する。参加無料。
[ライブ配信] 「新製品!ワイヤレス・ワイヤードすべてを集約 Clear-Com Arcadia」(16日14時から約30分)
[限定コンテンツ] ▽EclipseのIPプロダクションにおけるシステム納入事例▽ポストISDN音声コーデックについて▽最新IPオーディオモニター▽リモートプロダクションを支援するソリューション製品▽ClearOne BMA360で体験するシーリングマイクの進化–など(事前登録制)
【受付期限】ライブ配信は15日14時30分まで、限定コンテンツは19日17時30分まで可能。
【詳細】mtc-japan.com/news/2021/1028/?utm_source=BenchmarkEmail&utm_campaign=2021.11.04_MTC_OTS&utm_medium=email


● CRIオンラインセミナー ローカル5Gサービス CATV局の事業状況を報告

ケーブルテレビ情報センター(CRI)は、第19回「CRIオンラインセミナー」(Zoom使用)を11月24日に開き、愛媛CATV(愛媛県松山市)とZTV(三重県津市)のローカル5Gの取り組みを解説する。
愛媛CATVは「サブスクリプション方式」の採用で、低価格な地域共有型ローカル5Gサービスを今年7月に開始。その中でも利用者からの人気が高いのが『しまなみ海道ロードムービーサービス』。これは「しまなみ来島海峡大橋」に専用カメラを設置し、海峡大橋を走るサイクルリストの姿を自動で撮影するサービスで、動画伝送にローカル5Gを採用した。
そこで同社のローカル5G支援サービスを基軸とする事業戦略について、専務取締役の白石成人氏に聞く。
また、ZTVが手掛ける「ローカル5Gを活用した港湾内安全管理に向けた実証実験」について、同社新事業推進部課長の眞弓士清氏が概要を報告する。
【日時】11月24日/13時30分-15時
【参加費】CRI会員3000円、非会員6000円
【申し込み・詳細】www.cri-info.jp/20211108_6245.html


● 全映協グランプリ2021 4部門の最優秀賞を発表 オンラインで表彰式開催

全国地域映像団体協議会(全映協)は2日に「全映協グランプリ2021表彰式」を仙台市青葉区のホテルモントレ仙台で開き、受賞者はそれぞれオンラインで参加した。
全映協では例年、フォーラムおよびグランプリ表彰式をInter BEEの会期に合わせて同会場内で実施してきたが、今年は新型コロナウイルス感染症対策として、オンラインによる表彰式のみの開催となった。
全映協グランプリは、「番組部門」「CM・キャンペーン部門」「学生部門」「地域振興コンテンツ部門」の4部門があり、各部門4人の審査員により各賞を決定している(今年度の受賞結果は一覧表のとおり)。
全映協は地域からの情報発信を目的に、北は北海道から九州沖縄まで9地区の局系、独立系の映像制作社が集結し、1993年に全国地域映像団体懇談会として発足し、地域の特性、制作会社のそれぞれの個性を生かし地域映像のアーカイブ映像に参画。さらに全映協共同事業として、先導的コンテンツ市場環境整備事業に参画するなど、その活動は多岐にわたっている。


ご購読のお申込みはこちら

毎月4回(月曜)発行

映像新聞

映像新聞は、放送やブロードバンド、デジタルコンテンツプロダクション、映像制作者など映像業界へ向け、ビジネスとテクノロジーの両視点で情報を発信しているビジネスを熱くする専門紙です。

さらに詳しい記事・画像は本紙でご覧いただけます

定期購読する



55thAnniversary
■おかげさまで創刊55周年
 1966年(昭和41年)11月1日に創刊した「映像新聞」(当初は月刊「日本映画技術新聞」)は、おかげさまで55周年を迎えました。これもひとえに、ご愛読いただいております読者および広告主の皆様のご支援によるものと、心より感謝を申し上げます。放送・映像業界は、絶え間ない技術革新により、変化と成長を続けております。これからも、最新の動向を的確にとらえ、皆様のビジネスに役立つ正確な情報を伝えることに努めてまいります。今後もご愛顧いただき、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、お願い致します。

映像新聞社 社員一同




映像新聞 無料電子版

無料電子版 最新(12月13日)号




映像新聞 電子版購読

(外部サイト・新聞オンライン)

映像新聞社では、株式会社ズノーと業務提携し、同社の展開する入札情報提供サービスと連携した「映像入札王」を提供いたします。

映像・情報通信関連イベント

一覧







NAB Show 公式ウェブサイト