menu

INT22
DSJ22

2022年1月3日

毎月4回(月曜)発行

放送業界の未来描く1年
変化の契機「デジタル時代 検討会」 全関係者の英知を集約
放送インフラ トータルで議論 コンテンツ力を縦横に

 放送業界の未来を描く年がスタートした。民放テレビ局の業績は、コロナ禍で大きく落ち込んだ昨年度から一転、系列局を含めてかなり改善したが、若者を中心に、人々のテレビとの接触の仕方は変化の速度を増しており、その経営への影響は、これまで以上に大きくなることが予想される。今こそ、NHK、民放キー局、ローカル局、映像プロダクションなど、映像コンテンツを日々の糧にする、すべての関係者の英知を集約し、コンテンツの価値を縦横に展開できる放送の未来像をつくる時だ。〈続きは本紙で〉

2022年1月3日号 主な記事

 ●2022年の業界展望
 ●新春記者座談会/地上波テレビ 21-22年への課題
 ●寺田倉庫がアーカイブ事業展開 ネット売買でコンテンツの二次利用を支援
 ●映像・情報通信関連の主な年間行事一覧

特集

● 展望2022
・放送の基本的枠組み見直す年 NHK改革法案 改めて審議に
・岐路に立つ映像プロダクション 各社の強みを生かして変革を
・「放送」ビジネスのあり方 電波とネットの真の連携
・ディスプレー業界の動向 大型LEDドームシステム稼働
・活気が戻る大型映像業界 北京冬季五輪などイベント需要に期待

コンテンツビジネス

● 「Terra sight MARKET」を展開 ネット売買でコンテンツの二次利用を支援

放送

● 放送業界の未来描く1年 変化の契機「デジタル時代 検討会」
● 記者座談会 地上波テレビ 21-22年への課題 ライブ視聴減少への対応急務

ディスプレー/大型映像

● ドバイ万博「ロシア・パビリオン」 動く脳オブジェにマッピング
● 動絵画技術の発表会開催 自然に近い4K動画を実現/アイキューブド研究所

映画/番組/CM

●映画「無聲」 台湾のろう学校で起こった衝撃的な事件 多様な社会問題を詰め込み描く

統計・調査

● 21年11月 映像機器の国内出荷金額 前年同月比で81.9% 薄型テレビは45.8万台出荷/JEITA

ご購読のお申込みはこちら

毎月4回(月曜)発行

映像新聞

映像新聞は、放送やブロードバンド、デジタルコンテンツプロダクション、映像制作者など映像業界へ向け、ビジネスとテクノロジーの両視点で情報を発信しているビジネスを熱くする専門紙です。

さらに詳しい記事・画像は本紙でご覧いただけます

定期購読する


NAB(エヌエービー=全米放送事業者協会)新代表のカーティス・レジェット氏よりビデオメッセージ



55thAnniversary
■おかげさまで創刊55周年
 1966年(昭和41年)11月1日に創刊した「映像新聞」(当初は月刊「日本映画技術新聞」)は、おかげさまで55周年を迎えました。これもひとえに、ご愛読いただいております読者および広告主の皆様のご支援によるものと、心より感謝を申し上げます。放送・映像業界は、絶え間ない技術革新により、変化と成長を続けております。これからも、最新の動向を的確にとらえ、皆様のビジネスに役立つ正確な情報を伝えることに努めてまいります。今後もご愛顧いただき、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、お願い致します。

映像新聞社 社員一同




映像新聞 無料電子版

●無料電子版 最新(4月25日)号




映像新聞 電子版購読

(外部サイト・新聞オンライン)

映像新聞社では、株式会社ズノーと業務提携し、同社の展開する入札情報提供サービスと連携した「映像入札王」を提供いたします。

映像・情報通信関連イベント

一覧










NAB Show 公式ウェブサイト