menu

INT22
DSJ22

2022年1月24日

毎月4回(月曜)発行

大阪大学
コネクテッドモビリティ環境実現へ 「放送型情報配信」を研究開発
V-High帯とLTE放送モードで実験 VOD型で待ち時間なし

大阪大学(大阪府豊中市)では、今後本格化する自動運転などを視野に入れ、必要な情報をリアルタイム(低遅延)かつタイムリー(効率的)に取得するための「コネクテッドモビリティ環境」実現の方法として、通信を放送的に利用する「放送型情報配信」の研究開発を進めている。昨年12月15日、IPDCフォーラムの会員有志が協力し、同大学サイバーメディアセンターで、V-High帯(VHF帯の一部)とeMBMS(LTEを使って複数の端末に同時に情報を送信するブロードキャスト技術)による放送型情報配信の有効性確認の実験を実施した。V-High帯の有用性の検証とともに、5G放送モードへの展開も見据えている。〈続きは本紙で〉

2022年1月24日号 主な記事

 ●設立10周年記念アニメを制作統括/Cygames 映像制作室
 ●WOWOWが俳優の短編映画挑戦の企画第2弾を実施
 ●CES2022開催(2)/プラットフォーム狙うGM
 ●神戸ポートタワーでマッピングイベント開催
 ●第45回「日本アカデミー賞」15部門の優秀賞を発表

放送

● 俳優の短編監督挑戦企画第2弾 玉城ティナ、永山瑛太ら5人が参加/WOWOW

CATV/CS

● 災害時の地域支援 横浜市南区と協定/J:COM横浜

プロダクション

● 設立10周年記念アニメを制作統括/Cygames 映像制作室

デジタル映像

● KDDIがXR体験イベント 山手線車両内などで実施 ARアートや観光案内を提供

インターネット/通信

● 新規ビジネスを創出へ 動画配信などの課題解決/理経とEVCが業務提携

プロ機器

● LAWOのIPネイティブコンソール モジュール式で柔軟に構成/オタリテック
● SRTアライアンスに加盟 解析製品を提供/リーダー電子
● 4Kプレゼンテーションスイッチャー/ミックスウェーブが発売
● KAIROSクラウドを実証実験 カーレースを最少機材でライブ配信/パナソニック

ディスプレー/大型映像

● 複合施設「パレットタウン」再開発へ デジタル美術館は移転へ/チームラボ
● 4K対応ディスプレー発売 電子看板向け機能搭載/マウスコンピューター
● 14台の大型LEDビジョン稼働 各種情報提供や空間演出/成田国際空港
● 神戸ポートタワーでマッピングイベント/シンユニティグループが映像制作
● 大阪「セブンパーク天美」 520型LEDビジョン稼働 商業施設内で国内最大級

映画/番組/CM

● 第45回日本アカデミー賞 作品賞など15部門の優秀賞を発表
● 映画「マヤの秘密」 ホロコーストから逃れた女性の復讐劇

家電/民生機器

● 「CES2022」開催 (2) プラットフォーム狙うGM 35年までにトラックをEV化

総合

● コネクテッドモビリティ環境実現へ 「放送型情報配信」を研究開発/大阪大学
● リモートでアニメCGを制作 5G活用した実証実験に成功/ドコモ、スプラッシュトップなど4社

イベント一覧

● CP+2022 初のハイブリッド開催 「どんな状況でも対応して開催」 笠松実行委員長が概要を説明

カメラ映像機器工業会(CIPA)は19日、展示会「CP+(シーピープラス)2022」の開催概要発表会をオンラインで実施。CP+実行委員会の笠松厚雄委員長が報道陣に説明した。
CP+2022は、パシフィコ横浜と公式ウェブサイトでのハイブリッド形式となる。
会期は、会場が2月24-27日の4日間、オンラインが2月22-27日の6日間。22、23日は、プレイベントとして石塚茂樹CIPA会長によるキーノートスピーチ「動画とカメラの未来(仮)」などを配信する。
1月20日時点での出展社数は会場が32社、オンラインが15社。「動画エリア」は今回は設けない。
安全対策として通路を広げゆったりとレイアウトをした。また来場者は日時を事前登録する。
さらに主催者、出展者を含むすべての人は、来場する日ごとに「72時間以内に取得したPCR検査の陰性証明」あるいは、「ワクチン接種証明と24時間以内の抗原検査の結果の両方」を提示する。
笠松氏は会場開催に「強い要望があった」とすると同時に、「コロナ禍での開催には賛否両論がある。中止するのは簡単だが今後も100%の安全はあり得ない。どんな状況下でも柔軟に対応しながら開催したい。今回はそのノウハウを得る第一歩だ」「会場イベントの中止は考えておらず状況次第で制約を強化する」と話した。また、「入場者数の多さは目指さない。安全な開催を最優先にする」と述べた。


● 21年改訂版テキストを中心に 下請法などのポイント解説/放送コンテンツ適正取引推進協議会

放送関連7団体(衛星放送協会、全国地域映像団体協議会、全日本テレビ番組製作社連盟〈ATP〉、日本ケーブルテレビ連盟、日本動画協会、日本放送協会、日本民間放送連盟)などで構成する「放送コンテンツ適正取引推進協議会」は、「よく分かる放送コンテンツ適正取引」オンライン研修会(Zoom使用)を2月8日に開く。参加費無料。
同協議会は、「総務省ガイドライン」第6版、第7版の内容を反映した、『よく分かる放送コンテンツ適正取引テキスト(2021年改訂版)』を取りまとめ公表した。このテキストを中心に下請法などのポイントを解説する。
講師は、池田朋之氏(民放連・下請取引専門部会長/テレビ東京・特別専門委員)、松村俊二氏(ATP・メディアセンター執行理事/共同テレビジョン・権利開発部部長)。なお、研修会終了後にアーカイブ配信(2月10日-3月31日)を実施する。
「放送コンテンツ適正取引推進協議会」は、「放送コンテンツの製作取引適正化に関するガイドライン」の周知・啓発を図ることを目的として設立された。
【日時】2月8日/15時開始(最大2時間程度)
【定員】500人
【研修会の申し込み締め切り】2月1日
【アーカイブ視聴の申し込み締め切り】2月10日
【研修会・アーカイブ視聴の申し込み】forms.gle/dqiyz3kqw7HYpLFb9


● NVIDIA Omniverse製品セミナー クリエイター向けに実施 CG構築作業を体験/アスク

アスクは、CGクリエイター・デザイナーを対象とした「NVIDIA Omniverse体験会」を、日本電子専門学校と合同で1月28日に開く。
NVIDIA Omniverseは、デザイナーやアーチストが使う3Dツールで作られた3Dモデルやシーンを、オフラインのファイル共有ではなく、その場、その瞬間にアプリケーション間でリアルタイムにデザイン共有ができるコラボレーションデザインプラットフォーム。
体験会では、NVIDIA Omniverseの製品概要と必要な動作環境の説明をはじめ、操作を実際に体験できる環境も用意。NVIDIA Omniverseによるコラボレ-ションにより、各種DCC(デジタルコンテンツ作成)アプリケーションからNVIDIA Omniverse上にあるUSDファイルをリアルタイムに操作し、CG構築作業を体験することができる。見学のみも可能。参加費無料。
【日時】1月28日/18時-19時30分
【会場】日本電子専門学校 7号館 7B11室(東京都新宿区百人町1-25-4)
【申し込み締め切り】1月26日17時
【申し込み】www.ask-corp.jp/inquiry/nvidia-seminar.html


● IPプロダクションなど 2月2日に勉強会開く/映テレ技術協会 大阪支部

日本映画テレビ技術協会 大阪支部は、「MPTE第56回勉強会」(オンライン=Microsoft Teams)を2月2日に開き、2つのテーマで最新技術情報を伝える。
講演①は「IPプロダクションの取り組み」(NHK福岡拠点放送局 西田幸治氏)、同②は「第74回技術開発賞&第24回経済産業大臣賞『新クロマキー技術「ニジクロ」の開発』」(関西テレビ放送 金子宗央氏、大西祐輔氏)。参加費無料。
【日時】2月2日/15時-17時45分
【定員】200人
【申し込み】www.mpte.jp/outline/branch/osaka/post-92.html


● J-LOD補助金事業 採択作品 「ドライブ・マイ・カー」 米ゴールデングローブ賞 「非英語映画賞」を受賞

映像産業振興機構(VIPO)は、VIPOが事務局を務めるJ-LOD補助金事業において採択された映画作品『ドライブ・マイ・カー』が、アカデミー賞の前哨戦とも言われる「ゴールデングローブ賞」外国語(非英語)部門において、非英語映画賞を受賞したと発表した。
『ドライブ・マイ・カー』は、村上春樹原作、濱口竜介監督という国際的に注目を集める作品で、J-LOD①「コンテンツ等の海外展開を行う際のローカライズおよびプロモーションを行う事業」に採択された。昨年7月には「カンヌ国際映画祭」コンペティション部門において、日本初の脚本賞をはじめ4冠を受賞している。


連載

検証「テレビ離れ」(下) 新たな方向性 避けられない広告収入の減少 主要な収入源をシフト

ご購読のお申込みはこちら

毎月4回(月曜)発行

映像新聞

映像新聞は、放送やブロードバンド、デジタルコンテンツプロダクション、映像制作者など映像業界へ向け、ビジネスとテクノロジーの両視点で情報を発信しているビジネスを熱くする専門紙です。

さらに詳しい記事・画像は本紙でご覧いただけます

定期購読する


NAB(エヌエービー=全米放送事業者協会)新代表のカーティス・レジェット氏よりビデオメッセージ



55thAnniversary
■おかげさまで創刊55周年
 1966年(昭和41年)11月1日に創刊した「映像新聞」(当初は月刊「日本映画技術新聞」)は、おかげさまで55周年を迎えました。これもひとえに、ご愛読いただいております読者および広告主の皆様のご支援によるものと、心より感謝を申し上げます。放送・映像業界は、絶え間ない技術革新により、変化と成長を続けております。これからも、最新の動向を的確にとらえ、皆様のビジネスに役立つ正確な情報を伝えることに努めてまいります。今後もご愛顧いただき、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、お願い致します。

映像新聞社 社員一同




映像新聞 無料電子版

●無料電子版 最新(4月25日)号




映像新聞 電子版購読

(外部サイト・新聞オンライン)

映像新聞社では、株式会社ズノーと業務提携し、同社の展開する入札情報提供サービスと連携した「映像入札王」を提供いたします。

映像・情報通信関連イベント

一覧










NAB Show 公式ウェブサイト