menu

catv-f

2022/8/12022年8月1日

● ルミエール・ジャパン・アワード 3D、4K、8K、VR作品を募集/先進映像協会

先進映像協会 日本部会(AIS-J)は、日本国内における良質な先進映像コンテンツの拡大と品質向上を図ることを目的に、「先進映像協会ルミエール・ジャパン・アワード2022」を開催する。受賞作品は、今年度も日本エレクトロニクスショー協会と連携し、Inter BEE 2022で11月16日に発表を予定している。
エントリー部門は、3D、4K、8K、VRの4部門。いずれも2021年9月1日から22年8月31日の期間において、有償、無償を問わず国内で上映、放送、配信、発売、発表などの手段を通して社会的に利活用された作品、もしくは22年8月31日時点で作品が完成しており、今後の利活用が決定している作品が対象になる。
募集期間は8月31日まで。審査結果内示は10月上旬の予定。
【3D部門】
3D(立体)映像作品であること。2D/3Dが混在する作品の場合は、作品全尺の50%以上が3D映像であること。作品の長さは問わない。PCソフト、ゲームなどのインタラクティブ性を有する作品は対象外だが、これらの作品を訴求する3D映像作品は対象となる。
【4K部門】
4Kの2D映像作品。
【8K部門】
8Kの2D映像作品。
【VR部門】
一般に360度映像あるいは(ノンゲーム系)VRに分類される作品。
以上、いずれも部門も静止画および成人向け作品は対象外。
【詳細・問い合わせ】AIS-J事務局/
ウェブサイト=
advancedimagingsociety.jp/award
Eメール= office@advancedimagingsociety.jp


● ACCヤングコンペ開催 「ラジオ」の魅力訴求

ACCは、第3回「ACC YOUNG CREATIVITY COMPETITION(ACCヤングコンペ)」を開く。30歳以下を対象とし、与えられた課題に対して解決策となるアイデアを企画・提案してもらう。今年は『ローカルラジオの支援策 -ラジオの魅力とポテンシャルの再評価-』をテーマに、CBCラジオの協賛を受け実施する。
コロナ禍でのステイホームによって、ラジオの聴取率やradikoへの総アクセス数は増加したものの、まだその魅力を知らない人も多い。普段ラジオを聴かない人々のアクションにつながるようなアイデア・企画であれば、コミュニケーション、体験イベント、PR施策、アプリケーションなど形は問わない。
応募期間は、8月23日10時から8月29日18時まで。応募資格者は、1991年11月3日以降に生まれた個人もしくは3人以下のチーム(ただし、学生のみの応募はできない)。
ファイナリストに選出されたアイデアは、11月2日に実施する最終審査会で公開プレゼンテーションをして、グランプリ、準グランプリを決定。グランプリ受賞アイデアは、CBCラジオで実施が検討される予定。
【詳細】www.acc-cm.or.jp/competition/young_vol.3


● AI画像解析編集ツール/朋栄が「EmoQ」ウェビナー

朋栄は、同社が正規販売代理店となった、AI画像解析によるグラフィック動画編集ツール「SportMeme社EmoQ」について説明する無料ウェビナーを8月3日に開く。EmoQに加え、リプレイ再生装置「Envivo Replay」、自動スポーツプロダクションシステム「Pixellot」との連携についても解説する。
EmoQは、エフェクトを自動的にトラッキングしたオブジェクトに乗せるだけで、視認性の高い動的な映像表現を実現する。直感的なインタフェースにより、簡単に操作ができ、SNSへの配信も可能。スポーツの映像表現をより豊かにする。
【日時】8月3日/1回目=11時-11時30分、2回目=13時30分-14時(いずれも同じ内容)
【詳細】www.for-a.co.jp


● 関西教育ICT展に出展/マウスコンピューター

マウスコンピューターは、8月4、5日に大阪市住之江区のインテックス大阪で開かれる「第7回 関西教育ICT展」(主催:日本教育情報化振興会など)に出展する。
同社は、小学校高学年や大学・専門学校向けにUSBパワーデリバリー対応機器から充電可能なモバイルPC、そのほか校務や学校のPC設備向けに、ビジネスPCや液晶ディスプレーなどを展示する。
【詳細】www.mouse-jp.co.jp/store/t/t1508
【関西教育ICT展・公式サイト】www.kyouikuict.jp


● JFC「全国ロケ地フェア2022 夏」

◇JFC「全国ロケ地フェア2022 夏」
全国のフィルムコミッションに撮影の相談を直接できる地域と映像制作者のマッチングイベント。47団体が参加を予定している(参加無料)。
【日時】8月8日/13-19時
【会場】時事通信ホール(東京都中央区銀座5-15-8)
【詳細】www.japanfc.org

ご購読のお申込みはこちら

毎月4回(月曜)発行

映像新聞

映像新聞は、放送やブロードバンド、デジタルコンテンツプロダクション、映像制作者など映像業界へ向け、ビジネスとテクノロジーの両視点で情報を発信しているビジネスを熱くする専門紙です。

さらに詳しい記事・画像は本紙でご覧いただけます

定期購読する


NAB(エヌエービー=全米放送事業者協会)新代表のカーティス・レジェット氏よりビデオメッセージ



55thAnniversary
■おかげさまで創刊55周年
 1966年(昭和41年)11月1日に創刊した「映像新聞」(当初は月刊「日本映画技術新聞」)は、おかげさまで55周年を迎えました。これもひとえに、ご愛読いただいております読者および広告主の皆様のご支援によるものと、心より感謝を申し上げます。放送・映像業界は、絶え間ない技術革新により、変化と成長を続けております。これからも、最新の動向を的確にとらえ、皆様のビジネスに役立つ正確な情報を伝えることに努めてまいります。今後もご愛顧いただき、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、お願い致します。

映像新聞社 社員一同







映像新聞 無料電子版

●無料電子版 最新(7月25日)号




映像新聞 電子版購読

(外部サイト・新聞オンライン)

映像新聞社では、株式会社ズノーと業務提携し、同社の展開する入札情報提供サービスと連携した「映像入札王」を提供いたします。

映像・情報通信関連イベント

一覧










NAB Show 公式ウェブサイト