menu

新聞広告入稿について

作成するソフトウェアと保存バージョン

アドビ社の「Illustrator」で作成。
4色(カラー)の場合はCMYK、1色(モノクロ)の場合はグレースケールで作成してください

※RGBでは作成しないでください。RGBをCMYKに変換すると色味が変わります。
※保存時のバージョンはCC(2017)まで対応。
※バージョン9は出力機が未対応のため使用しないでください。

書体のアウトライン化

文字化け、書体化けしないように、Illustratorで書体をすべてアウトライン化してください。
※文字をロック、非表示している場合は解除してからアウトライン化してください。

白色のオーバープリント

オーバープリントは、原則Bk文字のみです
※「属性」ウインドウの「塗りにオーバープリント」「線にオーバープリント」のチェックは外してください

広告内の配置画像について

解像度は原寸換算で350dpi(4色の場合)/250dpi(1色の場合)推奨4色の場合はCMYK、1色の場合はグレースケールのEPS画像。
※Photoshopで保存時にプレビュー=TIFF8bit/pixell、エンコーディング=ASCIIに設定して保存してください
保存後に配置画像のファイル名を変更するとリンク切れを起こし、正常に出力されません

印刷時の濃度について

輪転機のカラー印刷における濃度域はCMYK各色の合計値240%~260%までが限界です
※インキ量がオーバーすると紙面全体に汚れが発生し、商品価値が損なわれます。
網点の濃度再現域
※90%以上の網点はつぶれてBK100%のようになります
※背景に画像を使用する場合は濃度を90%以下にしてください

ケイ線の太さについて

スミベタ(Bk100%)ケイ線の太さは0.2mm(0.5pt)以上にしてください
白ヌキ(Bk0%)ケイ線は0.4mm(1pt)以上にしてください
※レベルメーターなどの製品で表示画面の画像を使用する場合は上記の太さを目安にしてください

広告サイズ

サイズ(幅×高さ)
1段
236×31mm
2段
236×65mm
3段
236×99mm
4段
236×133mm
5段
236×167mm
4段1/2
116×133mm
5段1/2
116×167mm
全段
236×374mm
見開き
516×374mm
題字横
65×31mm
突き出し
52×65mm
記事中
65×31mm

入稿時に必要なもの

●版下データ、
●リンク画像データ(画像を埋め込んでいる場合は必要ありません)
●プリントアウト(メール入稿の場合は出力見本PDF)

が必要となります

広告入稿用メールアドレス
koukoku●eizoshimbun.com(●を@に変更してください)

入稿締め切り日

4色の場合は発行日の2週間前、1色の場合は発行日の1週間前まで
※特集号の前後、年末進行などで締め切りが変則的になる場合がございます

レーザープリンター(モノクロ広告の校正紙)の濃度と印刷機の濃度の差

印刷の濃度変化は、明るい色域、暗い色域で、網点と用紙の染み込み具合に左右されるため、急に濃度的ジャンプを起こします。対して、トナーを固定用紙で出力するレーザープリンターは、上下10%の限度外の色域でも、網点は存在するため、濃度的に見えてしまうプリントが出力されます。
背景がおよそ80%以上のスミ網を使用する場合は、絵柄によって濃度の事前チェックが必要な場合もあります。

ご購読のお申込みはこちら

毎月4回(月曜)発行

映像新聞

映像新聞は、放送やブロードバンド、デジタルコンテンツプロダクション、映像制作者など映像業界へ向け、ビジネスとテクノロジーの両視点で情報を発信しているビジネスを熱くする専門紙です。

さらに詳しい記事・画像は本紙でご覧いただけます

定期購読する

映像新聞からのお知らせ

一覧

映像新聞社では、株式会社ズノーと業務提携し、同社の展開する入札情報提供サービスと連携した「映像入札王」を提供いたします。

映像・情報通信関連イベント

一覧