menu

InterBEE2019

映像新聞とは

映像新聞5大特長

1 映像業界の最新情報提供
ジャンル:放送、CATV、映画、デジタルコンテンツのプロダクション情報、技術情報、経営動向など
2 特集形式による市場分析
月に1~2回、内外のイベントやプロダクションの最新情報をテーマにした「特集」を提供。
3 専門家によるデータ分析
業界のオピニオンリーダーによる分析、解説を常時ふんだんに
4 海外先端市場動向報告
世界の代表的なコンベンションを取材レポート
5 立体的な情報提供
海外視察ツアー、セミナー、書籍、インターネットなど、さまざまな情報提供の形態をとりながら、業界への情報提供と、人材交流への貢献をめざしています。
発行形態 タブロイド版20-80P、毎週月曜日発行(月4回)
購読部数 約25,000部
読者対象
  • 映像を主体としたコンテンツ制作分野(放送事業者、CATV、番組・CM制作会社、ポストプロダクション、マルチメディア、制作プロダクションなど)
  • 映像・コンピューター関連機器などハード分野 (メーカー、輸入、販売業)
  • 映像ソフトのユーザー(一般企業、団体、官公庁、学校など)
  • 研究・調査機関(企業・大学などの研究所、銀行、証券会社、広告代理)

ご購読のお申込みはこちら

毎月4回(月曜)発行

映像新聞

映像新聞は、放送やブロードバンド、デジタルコンテンツプロダクション、映像制作者など映像業界へ向け、ビジネスとテクノロジーの両視点で情報を発信しているビジネスを熱くする専門紙です。

さらに詳しい記事・画像は本紙でご覧いただけます

定期購読する