menu

INT22
DSJ22

2022/5/232022年5月23日

● 米Nomad社と制作会社を合弁で設立/AOI Pro.が米国に進出

2022/5/162022年5月16日

● MAスタジオをドルビーアトモスに対応/東放学園音響専門学校 実習用設備を改修
● フットサルコートなど撮影用に貸し出し開始/フロムワン

2022/5/92022年5月9日

● TSP、VGI、ブリッジリンク、デジデリックが協業 バーチャルプロダクションを4社で提供

2022/4/252022年4月25日

● 俳優・松田優作氏をAIで復活/東映ツークン研究所
● 撮影現場の環境保全活動、AOI Pro.が本格化 SDGsページも開設

2022/4/182022年4月18日

● バーチャルプロダクションを本格稼働/ソニーPCLが清澄白河BASEの内覧会

2022/4/112022年4月11日

● 「C&R Creative Studios」を設立/クリーク・アンド・リバー社
● 「メタバース プロダクション」が本格始動
電通クリエーティブX、東北新社、ヒビノ、電通クリエーティブキューブが共同推進
● 全国ロケ地データベース アプリ開発・運用/VIPO、JFC

2022/4/42022年4月4日

● バーチャルプロダクションでドラマ制作の実証実験/WOWOW
● ソニーPCLがスタジオブロス、モデリングブロスに追加出資

2022/3/212022年3月21日

● 空間オーディオを制作できる音楽スタジオ/音響ハウスが「Studio No.7」を運用開始
● 映像ビル4階をリニューアル オンライン会議用ブースを用意/音響ハウス
● ゴーテックにバーチャルプロダクションを出展/東京サウンド・プロダクション

2022/3/142022年3月14日

● IMAGICA EEXがプロデュース eスポーツパーク「RED°TOKYO TOWER」に参画

2022/3/72022年3月7日

● 北京五輪の中継特番 XRステージ運用/TBSテレビ
● SixTONESのパフォーマンスを撮影 バーチャルプロダクションで新しい表現

2022/2/282022年2月28日

● 2室目のドルビーアトモスMA室を開設/TREE Digital Studio、DIGITAL GARDEN事業部

2022/2/212022年2月21日

● 「清澄白河BASE」を開設 バーチャルプロダクションスタジオを常設/ソニーPCL

2022/2/142022年2月14日

● ヌーベルバーグが渋谷に「n00b.st」 映像制作・配信用に開設
● ヌーベルバーグ「n00b.st」 スイッチャー「KAIROS」をフルIPで運用
● DMM.comがポニーキャニオン、キュー・テックとの提携を発表 メタバースで音楽ライブを提供

2022/2/72022年2月7日

● アーク放送センターに配信スタジオを開設/テレビ朝日映像「ARK Streaming Studio」
● バーチャルプロダクション撮影を強化/ビジュアルマントウキョー

2022/1/312022年1月31日

● SIGGRAPH Asia 2021で講演 ドラマ「きれいのくに」のVFX制作を披露/NHKアート

2022/1/242022年1月24日

● 設立10周年記念アニメを制作統括/Cygames 映像制作室

2022/1/172022年1月17日

● MA-2をドルビーアトモス対応に改修 「NeSTREAM LIVE」も開始
/ポニーキャニオンエンタープライズ、ピーズスタジオ

2021/12/272021年12月27日

● MADD.screening 2021 8K/360度映像作品を上映 「内なる宇宙」テーマに募集

2021/12/132021年12月13日

● 日本アムウェイの配信映像 ARを使った演出を実施/シンユニティグループ

2021/12/62021年12月6日

● インフルエンサーの育成とキャスティング事業を開始/ギークピクチュアズ
● スローネとセカンドステージ、NTT MEDIA LABが協業 インカメラVFXをワンストップ提供

ご購読のお申込みはこちら

毎月4回(月曜)発行

映像新聞

映像新聞は、放送やブロードバンド、デジタルコンテンツプロダクション、映像制作者など映像業界へ向け、ビジネスとテクノロジーの両視点で情報を発信しているビジネスを熱くする専門紙です。

さらに詳しい記事・画像は本紙でご覧いただけます

定期購読する


NAB(エヌエービー=全米放送事業者協会)新代表のカーティス・レジェット氏よりビデオメッセージ



55thAnniversary
■おかげさまで創刊55周年
 1966年(昭和41年)11月1日に創刊した「映像新聞」(当初は月刊「日本映画技術新聞」)は、おかげさまで55周年を迎えました。これもひとえに、ご愛読いただいております読者および広告主の皆様のご支援によるものと、心より感謝を申し上げます。放送・映像業界は、絶え間ない技術革新により、変化と成長を続けております。これからも、最新の動向を的確にとらえ、皆様のビジネスに役立つ正確な情報を伝えることに努めてまいります。今後もご愛顧いただき、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、お願い致します。

映像新聞社 社員一同




映像新聞 無料電子版

●無料電子版 最新(4月25日)号




映像新聞 電子版購読

(外部サイト・新聞オンライン)

映像新聞社では、株式会社ズノーと業務提携し、同社の展開する入札情報提供サービスと連携した「映像入札王」を提供いたします。

映像・情報通信関連イベント

一覧










NAB Show 公式ウェブサイト