menu

VCOM21

2021/1/42021年1月4日

● ライブ配信の実績を生かす コロナ禍で依頼が増加 映像関連事業の範囲を拡大/パンダスタジオTV
● デジタル・ガーデン、メディア・ガーデン、TTR、ルーデンスが合併/新会社が4日から営業を開始

2020/12/282020年12月28日

● 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」/石立太一監督とカラリストに聞く〈後編〉

2020/12/212020年12月21日

● 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」石立太一監督とカラリストに聞く〈前編〉

2020/12/142020年12月14日

● みなとみらいのイルミネーション企画に参加 変化する光と音を体感/ソニーPCL

2020/12/072020年12月7日

● 渋谷に新拠点 「渋谷神山町センター」運用開始/オムニバス・ジャパン

2020/11/302020年11月30日

● 大規模合成スタジオを日活4stで運用/バーチャル・ライン・スタジオが営業開始

2020/11/162020年11月16日

● TMC-A2スタジオを4K HDRに更新 スイッチャブルで使いやすく/国際放映
● 各社が最新のサービスを実演 VR/AR、リアルタイムCGなど多彩に/コンテンツ東京2020

2020/11/092020年11月9日

● 音響ハウスが自社のドキュメンタリー映画製作
● 音響ハウスがEdit4を更新 長尺作品の編集効率を向上

2020/11/022020年11月2日

● リモート試写サービスを運用 CM制作の試写などで活用/オムニバス・ジャパン
● XR空間演出ソリューション 最適な構成・演出をトータル提案/電通ライブが提供開始

2020/10/262020年10月26日

● パナソニック映像がバーチャル内覧会を初開催 オンラインを使ったサービスを発表

2020/10/192020年10月19日

● 4K編集室2室とMA室を構築 オンライン動画の業務を強化/ヌーベルメディア

2020/10/052020年10月5日

● リアルとデジタルを融合 新しいライブエンタメ目指す/IMAGICA EEXが始動
● HIKKY社と業務提携 VRイベントの広告宣伝を展開/AOIPro.
● ステージクラフトの拡張発表 バーチャル映像制作を充実/ILM

2020/09/282020年9月28日

● 3式目を導入 Baselight TWOをCM制作で活用/レスパスビジョン

2020/09/212020年9月21日

● ミドルクラスのリモート中継サービス/東京サウンド・プロダクションが今秋から提供
● クリエイター発掘企画に協力 2019年に続き2回目/IMAGICA Lab.

2020/09/142020年9月14日

● 新スタジオが始動 六本木エリア 設備拡充/ヌーベルアージュ

2020/09/072020年9月7日

● 感情を表現する字幕システムを開発 話者の映像と音声をAIで解析/NHKテクノロジーズ/大日本印刷
● 大河ドラマ「麒麟がくる」 音響デザインの裏側を紹介/CEDEC2020

2020/08/312020年8月31日

● 若手クリエイターの創作を支援/ギークピクチュアズ、A・L・I・テクノロジーズ

2020年8月24日

● 4K DLPシネマプロジェクターを導入 4Kでの劇場作品制作サービスを開始/キュー・テック
● アニメのAI高解像度変換サービスに2-3プルダウンなど追加/ラディウス・ファイブ
● ドルビーアトモス採用のクラシックアルバムを発表/ドルビーとグラモフォン

2020/08/102020年8月10日

● 遠隔制作サービスを提供開始 要望に柔軟に対応、スピード感が重要に/Zaxx、GZ-TOKYO
● スポーツチームの映像 制作をリモートで支援/プラスクラス・スポーツ
● ホークアイで投球内容を分析 試合後のコーチングに提供/ソニー、ソニーPCL

2020/08/032020年8月3日

● 印象的なイメージCG映像を制作 CINEMA 4Dを導入して表現力を向上/マウンテンスタジオ
● リモート制作のアニメを公開 独自ツールをCEDECで紹介/エイベックス・テクノロジーズ

ご購読のお申込みはこちら

毎月4回(月曜)発行

映像新聞

映像新聞は、放送やブロードバンド、デジタルコンテンツプロダクション、映像制作者など映像業界へ向け、ビジネスとテクノロジーの両視点で情報を発信しているビジネスを熱くする専門紙です。

さらに詳しい記事・画像は本紙でご覧いただけます

定期購読する
55thAnniversary
■おかげさまで創刊55周年
 1966年(昭和41年)11月1日に創刊した「映像新聞」(当初は月刊「日本映画技術新聞」)は、おかげさまで55周年を迎えました。これもひとえに、ご愛読いただいております読者および広告主の皆様のご支援によるものと、心より感謝を申し上げます。放送・映像業界は、絶え間ない技術革新により、変化と成長を続けております。これからも、最新の動向を的確にとらえ、皆様のビジネスに役立つ正確な情報を伝えることに努めてまいります。今後もご愛顧いただき、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、お願い致します。

映像新聞社 社員一同




SIGGRAPH_ASIA
広告



SIGGRAPH_ASIA
広告



映像新聞 電子版購読

(外部サイト・新聞オンライン)

映像新聞社では、株式会社ズノーと業務提携し、同社の展開する入札情報提供サービスと連携した「映像入札王」を提供いたします。

映像・情報通信関連イベント

一覧




映像新聞 無料電子版

無料電子版 最新(11月15日)号







NAB Show 公式ウェブサイト