menu

INT22
DSJ22

2021/7/52021年7月5日

● Mayaと統合したVFXツール クラウドベースのサブスクで提供/WETAデジタルが公開
● 瀬戸内海放送の新社屋設備 朋栄がシステム構築 13-16日にウェビナー
● パナソニック IT/IPプラットフォーム「KAIROS」 サイバーエージェントから8式受注
● 放送局やeスポーツでの運用を提案/パナソニック「KAIROS」
● ルーターとスイッチャーの機能を装備したロスビデオの新製品/デジキャスが発売
● イベント配信用スイッチャー リアル会場にも映像を出力/ローランド
● 業務用の4Kメモリーカメラ 縦長動画を配信、スコアの表示も/JVCケンウッド

2021/6/282021年6月28日

● HD SNG中継車 TBSテレビから受注/池上通信機
● 8K転送ボックスを発売 専用SSDのデータをPCに/アストロデザイン
● 車両型”移動スタジオ”を開発 撮影から配信まで機材を搭載/アストロデザイン、トムス
● 4K4出力デコーダーを販売 効率よくマルチスクリーン表示/ジャパンマテリアル
● ST 2110の信号発生装置 診断・確認機能を装備/ジャパンマテリアル
● CBCテレビから一括受注 4Kサブの映像・カメラ設備/池上通信機
● NBCの東京五輪制作に採用 世界的なリモート制作を実現/アビッド
● NBCのIPプロバイダーに 国際放送センターをオールIP化/シスコ

2021/6/142021年6月14日

● 光ファイバーHDMIケーブル 3.8ミリの細径ながら高い強度/エーディテクノ
● Wavesの設備音響用 ブランドを販売開始/メディア・インテグレーションMI事業部
● 音源分離ソフトの機能限定版 コアモジュールのみで低価格/タックシステム
● 最大4系統のTSを多重化 IPカプセル化機能も搭載/アストロデザイン
● 「Airpeak S1」を9月に発売 「α」を搭載できる制作用ドローン/ソニーグループ
● Cache-AのTar形式を読み出し XenDataのLTOに新機能/伊藤忠ケーブル

2021/6/72021年6月7日

● IP入出力ボードを発売 SDI/IPハイブリッド制作を可能に/パナソニック
● LAWOの最新コンソール IPネイティブのオールインワン製品/オタリテック
● ネットワークトラフィックの大規模シミュレーションが可能/理経
● 4KのHDMI映像を100メートル伝送 HDBaseT延長器を発売/アイ・ディ・ケイ
● 広告詐欺の防止制度をコネクテッドTVに拡張/米Pubmatic
● 3つのスタジオ・サブにフル4K設備 ショップチャンネルに納入/池上通信機

2021/5/312021年5月31日

● HDMI光ケーブル更新 KRAMERの新モデル/コイケ

2021/5/242021年5月24日

● 音源分離ソフトを発売 フルミックスから楽器分割/タックシステム
● ステレオ幅の調整ソフト 広がりを制御、モノにも対応/メディア・インテグレーション
● 新フィルムスキャナー 入門機ながら揺れ軽減対応 レーザーグラフィックス社の製品/伊藤忠ケーブル
● HDMI分配器をリニューアル 4K HDR、LAN接続を追加/アイ・ディ・ケイ

2021/5/172021年5月17日

● IPリモート制作装置やAI自動切り出し機を発表/ソニー、ソニーマーケティング
● アドビ「プレミアプロ」 日本語音声を自動書き起こし 早期アクセスプログラムを提供
● 8K小型ストリーミングカメラ 国内の販売代理業務を開始/アストロデザイン

2021/5/32021年5月3日

● KAIROS本体の処理能力を向上 HD20出力に拡大、4Kも標準装備/パナソニック
● 「3Play 3P2」を発表 4Kリプレイを手ごろに実現/NewTek
● 17.3型液晶ディスプレーに タッチパネルモデルを追加/エーディテクノ
● LiveU伝送の映像に対応 戦略的パートナーシップを発表/アビッド

2021/4/262021年4月26日

● 高画質IPリモートカメラ4機種を発表 映像制作の効率化に貢献/キヤノン
● AIで映像自動切り出し ソフトウエアを9月発売/ソニー
● パナソニック「CXシリーズ」 無償でファームアップ ネットワーク機能強化

2021/4/192021年4月19日

● 関西テレビがクラウド編集システム採用 リモート編集の実現と業務効率化を目指す/アビッドが発表
● HDカメラの4K運用を実現 12Gのインタフェースキット/パナソニック
● 4Kスローカメラを平塚競輪場が導入/朋栄が発表
● 8K30型モニターや再生機 8K制作をより手軽に/アストロデザインが発売
● AMIRA Liveをリリース マルチカメラ撮影に特化/ARRI

2021/4/122021年4月12日

● 動画市場の拡大は今後も継続/ブライトコーブが事業戦略を説明
● LWKS「Qscan」 QCソフトをメジャーアップデート 高度なHDR測定が可能に/VGI
● 4K HDMIスイッチャーを更新 切り出しや240p対応を追加 4月末まで無料試用キャンペーン/ATV
● 小型制作用スイッチャーを発売 新映像処理エンジンで高速動作/ソニー
● ソリトンの映像配信システム イベントのライブ配信を想定/NTTドコモがレンタル開始
● 体験型ミュージアムを一新 子供のひらめきを形にする場に/パナソニックセンター東京
● 16-18日に本社ビルでアウトレットセール/ケンコープロフェショナル

2021/4/52021年4月5日

● 新4K8K衛星放送に対応 低消費電力設計ブースター/マスプロ電工が発売
● ディスプレー空間解像度特性の測定ソフトを開発/アストロデザイン
● Win版ライブ中継ソフト 高画質で低遅延、音声送り返しに対応/Dejero
● NDI/SRT対応のマルチカメラレコーダーを発表/Cinedeck
● ライブ配信向けスイッチャー スケーラー付きでHDMI4入力/エーディテクノが発売
● メ~テレが4K SNG車を運用 省スペースで多機能、幅広い番組に/池上通信機が納入

2021/3/222021年3月22日

● 制作用リモートカメラを発表 画質の高さと効率化を両立/キヤノン
● 高輝度で超短焦点のプロジェクターを発売/富士フイルム
● ビデオ自動追尾装置を取り扱い AIでカメラ操作を自動化/アスク
● HD16入力のIPマルチビューワー SDI信号の混在表示に対応/朋栄 3月から出荷

2021/3/152021年3月15日

● ネットフリックスの技術 プログラムに3製品が参加/ポムフォート
● フルHDの17.3型液晶モニター EIA19インチラックに搭載可能/エーディテクノが発表

2021/3/82021年3月8日

● 多視点切替とハイレゾでの生配信 ヤマハの文化庁委託事業に機材提供/アストロデザインなどが参加
● リモートアクセス用装置を発売 KVMシステムをIP経由で操作/デジキャス
● 米イマテスト社製品がバージョンアップ/リーダー電子

2021/3/12021年3月1日

● コロナ禍と国際展示会 リアル展は秋以降に期待も 国外移動の制限は長期化か
● フルサイズカメラFX3を発売 シネマ表現を小型筐体で実現/ソニー
● 6K小型シネマカメラや1M/Eスイッチャーを発表/ブラックマジックデザイン
● フルフレーム用レンズを拡充 29-120ミリ全域でT2.9を維持/武蔵オプティカルシステム

2021/2/222021年2月22日

● 「仮面ライダーセイバー」 東映テレビがUltimatte12を活用/ブラックマジックデザインが発表
● 19-45ミリの広角ズーム シネマレンズ用ラインを拡充/富士フイルム
● 12G-SDI対応の小型コネクター発売/ヒロセ電機
● 番組の制作工程を改善 モニター周辺の”密”回避/Dejeroが発表
● IP伝送製品「NEX-SMART」 長距離伝送やマルチビュー環境を構築/イメージニクスが発表

2021/2/152021年2月15日

● KAIROSの新バージョンを提供 MacOSに対応、他社連携も拡大/パナソニック
● フォーカスライトプロ社のオーディオインタフェース/メディア・インテグレーションが発売
● スイッチ製品が劇場用のネットワーク認証を取得/ルミネックス

2021/2/82021年2月8日

● ビデオ配信プラットフォーム 「PlaySight」を紹介/三信電気がウェビナー
● 「パルサーベーシック」発売 制作向けの自動QCツール/伊藤忠ケーブルシステム

2021/2/12021年2月1日

● 高出力設計による放送用 光加入者端末装置を発売/DXアンテナ
● IPパケット監視装置を発売 ST 2022-6と2110に対応/リーダー電子
● Xperia PRO 制作用外部モニターとして展開 5Gミリ波により通信性能向上/ソニー
● インシンク社製品 4Kフレームレート変換器を刷新 動き補正機能を強化/朋栄
● 低遅延の4K配信システム 遅延は200ミリ秒台/レクセル日本が販売

ご購読のお申込みはこちら

毎月4回(月曜)発行

映像新聞

映像新聞は、放送やブロードバンド、デジタルコンテンツプロダクション、映像制作者など映像業界へ向け、ビジネスとテクノロジーの両視点で情報を発信しているビジネスを熱くする専門紙です。

さらに詳しい記事・画像は本紙でご覧いただけます

定期購読する


NAB(エヌエービー=全米放送事業者協会)新代表のカーティス・レジェット氏よりビデオメッセージ



55thAnniversary
■おかげさまで創刊55周年
 1966年(昭和41年)11月1日に創刊した「映像新聞」(当初は月刊「日本映画技術新聞」)は、おかげさまで55周年を迎えました。これもひとえに、ご愛読いただいております読者および広告主の皆様のご支援によるものと、心より感謝を申し上げます。放送・映像業界は、絶え間ない技術革新により、変化と成長を続けております。これからも、最新の動向を的確にとらえ、皆様のビジネスに役立つ正確な情報を伝えることに努めてまいります。今後もご愛顧いただき、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、お願い致します。

映像新聞社 社員一同




映像新聞 無料電子版

●無料電子版 最新(4月25日)号




映像新聞 電子版購読

(外部サイト・新聞オンライン)

映像新聞社では、株式会社ズノーと業務提携し、同社の展開する入札情報提供サービスと連携した「映像入札王」を提供いたします。

映像・情報通信関連イベント

一覧










NAB Show 公式ウェブサイト