menu

2021/12/272021年12月27日

● シーグラフアジア2021 VR CGソフトの活用例を示す/フォーラムエイト
● 「煌めきディスプレイ」展示 実物感の高い映像表示を実現/IMAGICA GROUP
● ドームスクリーンを出展 最先端のプラネタリウム技術/スカイビジョン
● 光の祭典「TOKYO LIGHTS」 デジタルアート作品上映

2021/12/202021年12月20日

● 東京でシーグラフアジア2021 効率的なハイブリッド開催 ソニーグループ勝本CTOが基調講演

2021/12/132021年12月13日

● 日本アムウェイの配信映像 ARを使った演出を実施/シンユニティグループ

2021/12/62021年12月6日

● 京都で「二条城夜会」開催 クリエイティブAIを駆使/ワントゥーテン
● デザインフェスティバル前夜祭/フォーラムエイトがライブ配信

2021/11/292021年11月29日

● 「車いすシミュレータ」 運転技術の評価が可能/フォーラムエイトが発売

2021/11/152021年11月15日

● イノベーションワールドフェスタ2021 AR演出でライブパフォーマンス/シンユニティグループが大型映像技術を担う

2021/10/182021年10月18日

● 運転中の事故状況を体験 VRコンテンツ開発/理経が東京海上日動から受託
● アート作品とコラボを実現 ラーメン店、花屋がオープン/チームラボプラネッツ TOKYO DMM

2021/10/112021年10月11日

● 10月から「運動の森」 体験型アトラクションを展開/東京・青海 チームラボボーダレス

2021/10/42021年10月4日

● バーチャル広告協会 調査研究や情報発信へ/NECが設立、入会募集

2021/09/132021年9月13日

● アパレル業界のDX支援 5G技術などを活用/KDDI、KDDI総研
● VIPO「アルスエレクトロニカ 2021」 メディアアートの祭典に参加
● ロビーを光のアートで演出 チームラボの作品を常設展示/佐賀県武雄市「御船山楽園ホテル」
● DCAJのコンテンツ海外展開促進事業 8件の支援対象技術が決定 デジタルコンテンツEXPOに出展

2021/09/062021年9月6日

● 4K画質VR立体視に対応 ドライブシミュレーターが稼働/国交省・国土技術政策総合研究所
● 科学未来館の新館長に IBMフェロー・全盲の浅川智恵子氏

2021/08/232021年8月23日

● SIGGRAPH2021開催 多くのセッションがVOD対応 チューリング賞の受賞者が対談
● チームラボが京都の東寺で「光の祭」
● チームラボ作品展を実施 「光の玉」が人の動きで変化/千葉県が「ちばアート祭」開催

2021/08/092021年8月9日

● SIGGRAPH2021 充実した講演セッション 昨年に続いてのオンライン開催
● 競技の様子をホログラフィック表示 NTTが超高臨場感通信技術を提供/TOKYO2020 未来のスポーツ観戦プロジェクト

2021/07/262021年7月26日

● 「御船山楽園」でデジタルアート チームラボが光の展示会

2021/07/192021年7月19日

● 「土砂災害体験VR」を開発 県内の学校など教育用途で使用/理経が広島県から受託
● 「ちょっと先のおもしろい未来」 最先端技術の体験イベント

2021/7/122021年7月12日

● 高校eスポーツ選手権開催 9月から予選を順次実施/サードウェーブが特別協賛
● ゲーミングPCの利便性向上を図る/マウスコンピューター

2021/7/52021年7月5日

● 3D仮想空間のウェブページ バーチャルキャンパス実現 フォーラムエイトのVRシステムを導入/東京工業大学が構築
● 5G時代の体験型アート作品 「GINZA 456」で展示イベント/KDDI/チームラボ

2021/6/282021年6月28日

● 3Dホログラム演出効果を拡大/Life is Style

2021/6/72021年6月7日

● VR収録システム導入 公演の模様をライブ配信/AKB48劇場
● ambr社に出資 VR関連事業を展開/電通グループ

2021/5/172021年5月17日

● 仮想空間にライブ会場を開設/バーチャル・ライン・スタジオが協力

ご購読のお申込みはこちら

毎月4回(月曜)発行

映像新聞

映像新聞は、放送やブロードバンド、デジタルコンテンツプロダクション、映像制作者など映像業界へ向け、ビジネスとテクノロジーの両視点で情報を発信しているビジネスを熱くする専門紙です。

さらに詳しい記事・画像は本紙でご覧いただけます

定期購読する



55thAnniversary
■おかげさまで創刊55周年
 1966年(昭和41年)11月1日に創刊した「映像新聞」(当初は月刊「日本映画技術新聞」)は、おかげさまで55周年を迎えました。これもひとえに、ご愛読いただいております読者および広告主の皆様のご支援によるものと、心より感謝を申し上げます。放送・映像業界は、絶え間ない技術革新により、変化と成長を続けております。これからも、最新の動向を的確にとらえ、皆様のビジネスに役立つ正確な情報を伝えることに努めてまいります。今後もご愛顧いただき、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、お願い致します。

映像新聞社 社員一同




映像新聞 無料電子版

無料電子版 最新(12月13日)号




映像新聞 電子版購読

(外部サイト・新聞オンライン)

映像新聞社では、株式会社ズノーと業務提携し、同社の展開する入札情報提供サービスと連携した「映像入札王」を提供いたします。

映像・情報通信関連イベント

一覧







NAB Show 公式ウェブサイト